嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

なんでも症状に結び付けない。

   

 

おはようございます。とっとです。

嫁さんのパートの方はどうにか慣れてきて、いまはレジと接客を中心にやっています。

しかし、やってみたかった仕事とはいえ、大変なこともあるようです。

 

例えば、お店の一番の売れ筋は「食パン」なのですが、お客さんからの注文が入ってから、食パンをスライスします。

「1斤は5枚切りで、1斤はサンドイッチ用にしてちょうだい。」とか、「1本を全部6枚切りにしてください。」とか、レジでお客さんに言われるたびに機械で切って袋に入れ、レジを打って渡すそうです。

具体的に言ってくれる人はまだいいのですが、なかには「あ、いつものやつね!!」と常連のお客さんもいて、顔を覚えておくのが大変みたいです。

いつもの

また、「アツアツのパン」「少しあたたかいパン」「冷たいパン」「揚げているパン」など、パンによって入れる袋を使い分けたりと、大変なことを言い出したらきりがありません(@_@;)

 

先日、レジを打っている途中に緊張してきて、「どうしよう…。」と一瞬思ったそうですが、「あ、でもこれって、誰でもドキドキするし、あたりまえのことかぁ~。」と考えると、落ち着いてきたようです。

 

帰りに、同じパートの人に相談したら、「あ、それ私もなるよ!!私なんかレジ、絶対ムリだから、お願いして仕込みの仕事にしてもらってるもん。」と言われて、とても気が楽になったようです。

 

以前の嫁さんなら、自分の症状を人に相談できませんでしたし、なにかあるとすべてをパニック障害に結び付けて、「私、やっぱりダメだぁ~。」となっていました。

しかし、慣れてない仕事なら緊張して当たり前ですし、ずっと長年やっている仕事でも、緊張する場面はあります。

すべてをパニック障害に結び付けないことは、大切なことだと思います。

 

そういえば、雑誌を読んでいたら、ふっと目に留まった言葉がありました。

『No pressure, no diamonds.』

圧力がなければ、ダイヤモンドは生まれない。

トーマス・カーライル

成長する為には、プレッシャーや緊張などの「圧力」も必要なんですね(^-^)


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - パート奮闘記, パニック障害

コメント

  1. 7272 より:

    かっかさん、気持ちが切り替えられるなんて、すごい‼︎良かった‼︎

    パニックの人は、すぐ病気と結びつけてしまう…本当よく分かります。

    働くのが不安なのも、ワンコを飼いたいけど ザワザワするのも…全て結びつけて、ダメな私と自分を責めて〜。

    誰でも不安になるし、しんどい時はありますよね〜受け入れられるように、頑張ります‼︎

    かっかさん、とっとさんのブログ楽しみにしてます!

  2. かっか より:

    7272さん。いつも、ありがとうございます。
    かっかです。

    そうなんですよね〜。なんでも、パニック基準?でスタートする癖がありますよね。

    今でも、車の運転前やPTAの前などはザワザワします。「これも私」とザワザワを拒否しないで受け入れているつもりです^_^;

    ここ2日間は仕事でかなり厳しく言われます。
    「クソーーー!!」とか思うけど、パニックの事で特別扱いされてない事に有り難さを感じます。。。働くってこうだったなぁーと保育士だった頃を思い出したりしますよ。

    7272さんワンコ素敵な出会いがあるといいですね〜。きっと、そういう子に出会う日がやってくるはずですよ♪

  3. まぁママ より:

    かっかさん、すごぉい!
    心配していました。
    でも、頑張ってますね!
    パニックの人にしか分からない、あのドキドキ感…うちは、まだ調整できなくて…

    でも、かっかさんのブログ見てると、自分のことのように、嬉しいです!!

    でも、無理しないでくださいね!
    かっかさんには、会ったことがなくても、応援している仲間がいますからね!

  4. かっか より:

    まぁママさん。
    こんにちは。かっかです。

    今日は、日曜日でパートもお休みです。
    とっとさんが今日は、仕事で。。。

    子どもたちと、古本屋へ行ってきましたよ。
    本屋さん、私のドキドキエリアです。
    時々、ザワっとなりますが、
    「来ようとした私が素晴らしい。」と思い、一人で「ニヤリ」と笑います。。。
    怪しい人みたいですが、それが結構効くみたいです。。。

    なるべく、症状に惑わされない自分作りをしてみてますよ。

    いつも、応援ありがとうございます。
    ほんとに、一人じゃない、、、仕事中も時々、皆さんのコメントを思い出したりもするんですよ~(#^^#)

  5. まぁママ より:

    本当この気持ちは、パニックの人じゃないと、分かりませんもんね…

    パニックの人は、いつも自分のことが心配ですよね。

    かっかさんの言うように、パニックにむすびつけず、ここまでできた自分は、えらい!と褒めてあげることがいいのかもしれませんよね。

    ですが、私は、まだ誉めるとこまでいけなくて…
    また駄目だの繰り返しです(泣)

  6. かっか より:

    まぁママさん。
    こんばんは。かっかです。

    私も長いこと「ダメ」の繰り返しでした。ダメな自分を探しているような、、、

    イイ時があっても、どうせ今だけ、、、また調子悪くなる、、、ってスパイラルでした。

    今も電車や新幹線にはチャレンジしていないです。生活に困らないのもあるけど、パニックになってから、乗る機会が無かったので、勝手に「苦しくなる」とパニックの症状に照らし合わせていました。。。

    でも今は、ほんとに、機会がないだけで、、、そのうち乗る時が来たら乗ってみよーくらいに思っています。

    自分のやってみたい、小さなことから少しずつ、自信がついて「ダメな自分」もまぁいっかーってなる時が来ると信じています。

    まぁママさん、「ダメ」を繰り返すのも、克服の過程かも知れないですよ。。。