嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

心療内科の選び方|やっぱり医師との相性が大切!?

   

 

おはようございます。とっとです。

実は、この記事を書くのに3日間もかかってしまいました(@_@)

というのは、最初、勢いのまま思ったことを、だーっと書いたのですが、病院に対する不満ばかり出てきて、愚痴ブログになってしまいました。

なので、書いちゃ消し、書いちゃ消しを繰り返して、だいぶん落ち着いて書き直したので、ようやくアップしました(笑)

それでも、ちょっと愚痴が入ってますが・・・(n´Д`)

 

嫁さんがパニック障害になってから、これまで6年間で4軒の心療内科に行きました。

もちろん、嫁さんは車の運転が出来なかったので、僕が車を運転して一緒に通院しましたし、嫁さんが不安なときは、一緒に診察も受けました。

心療内科の選び方というよりは、そんな中で感じたことを書いてみます。

 

はじめての心療内科で不安だらけでした

 

嫁さんは、初めてパニック発作を起こしてから、その後は、車の運転や買い物がまったく出来なくなってしまったので、これは病院に行くしかないと夫婦で話し合いました。

しかし、こういったことは、内科なんだろうか?精神科だろうか?とか、よく分からないまま、とりあえずネットで調べて、評判はあまりよくありませんでしたが、近所ということで、アクセスのいい心療内科に行ってみることにしました。

 

待ち時間1時間、診察5分って・・・!?

 

ネットで「長時間待たされて、診察は3分。もう少し話を聞いてほしいです。」という書き込みもあったので、病院って、特に心療内科ってそんなものか、と少しは覚悟していたのですが、本当にそうでした!!

しかも、診察はこんな感じでした・・・。

 

医師『今日はどうされました?』

『先日、パニック発作を起こしたんですが、救急病院に行ったら、脳や体に異常がないから、パニック障害だろうと言われました。』

 

『いままで病院は?』

『今日が初めてです。』

『分かりました。パニック障害は、薬で治りますので、では、薬を処方しますので、決められた量を飲んでください。』

 

えっ?パニック障害って自己申告!?
(;′゚∀゚`)

 

今なら、

『それって診察かいっっ!!』

って、水平チョップで思いっきりツッコミ入れたい所ですが、その時は、もちろんそんな余裕もなく、

『あぁ、やっぱり…。』

みたいに、夫婦で少し落ち込んで帰った記憶があります(;´д`)

診断は、自己申告?
↑よほどの名医なのか、5分で診断結果が。
うーん、車の査定より早い…(;′゚∀゚`)

 

薬物療法だけの病院はやめたほうがいいです

 

当時、僕たち夫婦は、薬さえ飲んでいれば、それで治るものだと信じていたので、医者に言われるがままに通院して、出される薬をしっかり飲み続けていました。

しかし、1年間ほど通いましたが、嫁さんの体調はいっこうに回復の兆しはなく、薬の量が増えるだけでした…。

 

薬が悪いと言う訳ではありません。症状がひどいときは、むしろ飲んだほうがいいと思います。

しかし、薬だけ飲んでても、あまり根本的な治療にはなりません。

やはり、食生活やストレスのある生活の見直し、また、同時に、ヨガや呼吸法、散歩などで、体から健康的にすることも大切です。

 

また、以前の記事、「お医者さんは占い師!?」でも書きましたが、当時の嫁さんは、医者に頼りきっていたのも問題でした。

先生は占い師!?

しかも、こちらが不安になっていろいろ質問しても、
「うーん、すぐには治りませんから…。」とか、
「どうでしょうかねぇ…。」とか、
まったくやる気の感じられない態度でした(=_=;)

 

そんな感じでしたから、通院して診察を受けるたびに、嫁さんは、

『私、本当に治るの?一生このままかも…。』

ってネガティブ発言が増えていきました。

 

一番は、医師との相性が大切だと思います

 

病院だけでなく、カウンセラーもそうですが、一番は話した感じだとか、雰囲気だとか、そんな相性で選ぶのが大切です。

風邪とか、怪我とかで病院にいくのなら、医師との相性って必要ないかもしれませんが、心の病気で病院を選ぶときは、通院することでストレスを感じていたら本末転倒だと思います。

 

病院って一度通うと変えづらいのですが、2~3回くらい通ってみて、診察を受けるのがストレスになるのでしたら、思い切って病院を変えた方がいいと思います。

嫁さんの場合、4軒目にようやく相談しやすいお医者さんを見つけることができ、「その先生と話をするのは気持ちが楽になる」といって、それまで出来なかった「バスに乗って一人で通う」ということが出来るようになりました。

ただ、以前のように、お医者さんに頼りっきりということではなく、病院や薬はあくまで補助的なものと割り切って通院しています(^_^)

 

サニーと散歩でストレス発散
↑サニーと散歩して、ストレス発散です(笑)


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - パニック障害, 心療内科

コメント

  1. みき より:

    こんにちは♪ブログを読んで……全くその通りだと思います。私が今通院している病院は家から電車とバスで一時間くらい掛かるのですが、そのカウンセリングの先生に報告するのが宿題が出来た子供のように(こんな事、クリア出来た。とか、ちょっと薬を減らせた)と言うと、ほめて貰えるんです!
    これが、嬉しい(笑) 時には厳しい質問もあるけど。相性のあう先生に出会えて病状はかなり良くなりました。
    それは、薬の事だけでなく、ヨガや呼吸法、散歩、等々。そして、辛いときは薬も必要と言う考え方。 かっかさんもまだ通院してみえるのですね。私ももうちょいだと思って、あせらずに、完治させたいと思っています。

    • とっと より:

      こんにちは。
      コメント、ありがとうございます!

      みきさんも相性の良い医師に出会われたようで、本当に良かったです。

      まだまだ少ないですが、そのようなお医者さんが、これから増えてくれると嬉しいですね。

      はい。嫁さんは、いまでも病院には薬をもらいに通ってますよ。

      そうてすね。以前のように、「完治」にはこだわらなくなりました(^_^)