嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

落ち込んだり、やる気が出ない。そんな時、どうしたらいい?

   

 

おはようございます。とっとです。

朝から、「あ~。今日はやる気が出ない。」とか、ズドーンと落ち込んだり、みなさんあると思いますが、そんな時、どうしていますか?

少し前のコメントで質問があったので、僕や嫁さんのやっていることを書いてみます。何かの参考になればと思います(^-^)

 

まず、脳って基本的に自動操縦らしいです。

 

いきなり変な話ですみません。昔、嫁さんにこの話をしようとしたら、
「はい??うん、またあとで…。」と、目も合わさずどこかに行ってしまいました…(;´д`)ノ

いきなりこんな話をするのは、具体的な方法の前に、理由を知っておくと理解が深まると思ったからです。

出来るだけ大まかに、簡単に書きますので、興味があったらどうぞ続きを見てください(●´∀`)ノ

 

僕は、普段、自分の「脳」って、自分の意思でいろいろ考えていると思っていましたが、「脳」に関する本をいろいろと読んでみると、実は、普段の行動(するかしないかとか、何かを選ぶという選択など)を、ほとんど無意識でやっているそうです。

習慣やクセなどですね。

 

例えば、朝から大雨が降っているとします。

 

雨が嫌いな人は、それを見ただけで、朝からテンションが下がります。
逆に、僕は子供の頃から雨が大好きなので、テンションが上がります。
そして、それは、その後の感情や行動にも影響します。

「今日は、仕事に行きたくないなぁ」とか、「よし、雨に濡れて散歩だ!!」とか。

 

また、「墓地」の写真を見たとします。

 

「怖い」って背筋がゾッとする人もいれば、僕は花火や爆竹のにぎやかなイメージを思い浮かべます。(両親の実家が長崎県なので)

「朝から墓地か。縁起でもない、いやなもの見たなぁ。」と落ち込む人もいたり、「墓参り、お盆かぁ。久しぶりに、花火やってみるかぁ。」とか楽しくなる人もいたり。

 

これは、いちいち考えているのではなく、その人のいままでの経験や知識の中で作り上げたデータをもとに、自動で瞬間的に「脳」が判断して「気持ち」や「行動」に影響を与えています。

ほんと、「脳」って凄いですよね(^-^)

 

01.落ち込んだ原因を知る

 

まずは自分が落ち込んだり、テンションが下がっているときに、どうしてそうなったのか書き出してみます。

 

嫁さんの場合は、事故のニュースやワイドショーを見ると、ザワザワして寝付けなかったり、次の日の朝まで続くこともありました。

また、甘いものを食べた後に、体重計に乗って、心のスイッチがプツンと切れたり…(;´д`)

これは、人それぞれあると思います。

 

嫁さんは、こういった、自分が落ち込んだり、気分が悪くなったりする原因を書き出して、まずは知ることをしました。

 

そして、それはなぜだろう?って、突き詰めて考えると、「あれ、なんだ勘違いか!」って感じ方が変わる場合もありますし、そうでなければ、「その原因に近寄らない、逃げる」です。

 

自分のテンションが下がる原因になるものを、出来るだけ、「目に入れない」「触れない」ようにしました。

 

02.元気になれるものを身の回りに置く

 

落ち込むものとは反対に、自分が「ワクワク」するものや、「楽しくなる」ものってありますよね。

これは見つけやすいと思いますが、それらを、普段から意識して目に付くところに置くようにしました。

 

嫁さんの場合は、花が大好きでなので、いつも目に見えるところに花や植物を置いています。

僕の場合は、大好きな作家の小説だったり、山登りの道具とか、地図だったり写真だったり。

 

スポーツ選手が試合の前に音楽を聞いているような感じで、自分の気持ちを切り替えることができる「楽しいこと」「好きなこと」を身の回りに置くようにしています。

 

03.メモや手帳などを見て、「脳」をコントロールする

 

自分へのメモ
これは、以前の記事にも紹介しましたが、車の運転の時、メモをみて自分の「脳」に言い聞かせます。

 

パニック障害なんてこわくない!03
これも、ちょこちょこ本を開いて、「脳」に覚えこませます。

「脳」に自動でコントロールされるばかりじゃなく、自分が「脳」をコントロールするように意識することが大切です。それは、難しいことではなく、目に見えるところにメモを置いて、ちょくちょく見るようにするだけでも、かなり効果があります。

 

最後に、大切なこと

 

最後に大切なことは、やはり自分を責めないということです。

以前の記事、「甘いものを我慢するくらいなら、死んでもいい!?」に書きましたが、落ち込んだときは、以下の3ステップが大切です。

 

①まずはどんな気持ちがするか認識する

落ち込んでいる自分を認める。
体はどのように反応しているか。
落ち着いて考えると、逃げたりせずに自分の心を見つめることが出来ます。

 

②落ち込むのは、共通の人間性です

誰でも落ち込むことはあります。
自分だけではありません。
尊敬している人も同じように落ち込んだり苦しんだりしています。

 

③自分に厳しくしない

もし、友達が同じように落ち込んでいたら、どんな言葉をかけますか?
このように、自分のことをいたわってあげる。

 

里山に散歩
↑いつもの里山をサニーと散歩。

あと、落ち込んだときは、散歩やヨガなど、少しだけでも身体を動かすようにしています。

そうすると、ネガティブな感情が小さくなります(^-^)

 

もっといろいろと書き足りない感じや、うまく伝えられないもどかしさを感じつつ、今回も30%で更新です(笑)

結果(評価)を気にせず、行動(書く)するのが大切ですね(^-^)/

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 『技』について

コメント

  1. みかん より:

    おはようございます!
    私もこの病気になってから、セロトニンの生活という本や脳の本読みました(^_^)が…中々、難しくて頭に入ってきませんでした。私もかっかさんの『はい?う〜ん…脳…』状態でした^^;でも、とっとさんの例え、雨やお墓のお話はとてもわかりやすかったです(^_^)私はズードーンと落ちた時、とにかく落ちて落ちて落ちて…^^;これじゃ良くないですよね~_~;私も落ち込んだ時などは書き出すようにしてみます(^_^)!そして最後の3ステップ大切ですね!とても勉強になりました(^_^)
    私も今日、愛犬のお散歩に行こう!…と言いたい所ですが…うちの子お外が苦手で歩きません~_~;困った子です~_~;この写真のサニーちゃんとっても良い顔していますね(*^_^*)

    • とっと より:

      みかんさん。

      コメント、ありがとうございます!

      そうですね、みんな誰しも落ち込むので、「これは誰でもあることだしっ」って、自分を責めないことが大切ですね。

      写真のサニーは、ドヤ顔してますが、最初は近所の散歩もビビってましたよ(笑)

      最近の課題は、人見知りならぬ、犬見知りにならないように、知り合いの犬にも会わせてます。

      まだ、かなり逃げ腰ですけど…(^_^;)

  2. みかん より:

    こんばんは!
    夜遅くにちょっと書かせてもらってもいいですか^^;実は昨日、面接受けました(^_^;今回は前回に比べて落ち着いて話は出来たんですが、やはり受けた後は次に結果の方が気になっちゃって^^;前回はその場で履歴書お持ち帰りだったので結果を考えることがなかったんですが、今回は結果が出るまでに時間がかかるということなので一日中ドキドキソワソワしています^^;私の後にまだ2人受ける方がいるそうで、、私も普段あまり携帯電話を持ってることなかったんですが^^;今日から肌身離さず常に持ち歩いています(^_^)かっかさんも面接結果がくるまで落ち着かなかったですよね^^;この待ち時間が本当に辛いです~_~;『結果よりも行動することが大切』なんですが、久しぶりのこの結果待ちに緊張しちゃって^^;この気持を誰かに話したくなってしまいコメントしてしまいましたm(_ _)m書いた事で気持が楽になりました(^_^)ありがとうございます!

    • とっと より:

      みかんさん。

      おはようございます。

      また、面接受けたんですね!!
      よく頑張りましたね(^-^)

      嫁さんも、結果があるまで落ち着かなかったですが、「もし、採用されたらどうしよう」って、受かった先の事も想像して、ドキドキしていました。

      「結果」が気になるのは、当然です。
      ソワソワ、ドキドキもしますよね。

      一歩一歩、行動してる自分をしっかり褒めてあげてください。

      「私は、すごい!!出来るっ!!」って、
      どんどん調子に乗ってくださいね!!(^-^)/

      • みかん より:

        おはようございます!
        お返事ありがとうございます(^_^)
        朝っぱらからすみません~_~;

        そうなんです、結果もそうなんですが採用された先の事も考えちゃって^^;ハハハッ^^;駄目ですね私^^;
        結果はどうであれ、自分を沢山褒めてあげたいと思います!『私はすごい!出来る!』そう自分に言い聞かせながら、いつでも面接に行ける様に今から履歴書を書きますo(^_-)Oとっとさんありがとうございましたm(_ _)m