嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

暑さとパニック障害って関係ある?

   

 

こんにちは。とっとです。

今年の夏は、本当に暑いですね~。
北アルプスに登る気力はありましたが、この暑さの中、近所のスーパーに歩いていく気力はなかなかでません…(n´Д`)

さて、今回はメールにて「暑いときって、症状はひどくなりましたか?また、そんな時はどうしてましたか?」という質問を頂いたので、実際に嫁さんの状況とか、やっていたこととか、書いてみます。

 

パニック障害と暑さって関係がある?夏のすごし方は?

tubakuro02
↑燕岳に登る途中で撮影した花です。

パニック障害と暑さの関係ですが、まず、嫁さんは夏場は症状が出やすく苦手でした。

原因はいろいろあると思いますが、やはり暑くて湿度が高いので、イライラしたり夜が眠れなかったりで、自律神経のバランスが崩れやすいのだと思います。

 

また、我が家の場合、夏休みで子どもたちが朝から家にいるのですが、子ども二人が狭い家にいると、ワイワイガヤガヤしてそれだけでストレスがめちゃくちゃたまります(;´д`)

ひどい親とだと言われそうですが、本当に学校がはじまってほしいです(*´Д`)=3

それはさておき、では実際にどんなことに気をつけているか書いていきます。

 

1.エアコンに頼る。

 

嫁さんの場合、以前は、「エアコンに頼る」ことが出来ませんでした。

どうしても暑い場合は使っていましたが、以下の二つの理由で「エアコンを使うことはよくないこと。」だと思っていました。

 

まず1つ目は、ずっとエアコンを使っていると体に悪いだろうという思い込み。

2つ目は、こちらの方が問題なのですが、「私は働いてないから、家でずっとエアコンを使うなんて浪費はできない!!」という罪悪感でした。

 

以前、近所の病院(いつも元気な70歳くらいになる女医さん)に相談すると、『夏はエアコンをずっと使わないとダメよ!!』と教えてくれました。

なんでも夏になると、年配の方や女性がエアコンを我慢して、部屋の中で体調を崩したり、熱中症になって倒れるケースがよくあるとのこと。

 

温度設定に関しても、『室内の温度を25℃にするように!!エアコンの設定温度が25℃じゃなくて、実際の部屋の温度が25℃になるようにしなさいよ!!もしそれで寒かったら、靴下はいて、長袖のシャツを着たらいいから。できれば家中の温度を25℃にキープがいいわ!!』と声を大きくして教えてもらいました。

 

嫁さんは、「エアコンを使う」=「罪悪感」があったので、それまでは寝るまでの2時間くらいしかエアコンを使っていませんでしたが、去年と今年の夏は、家にいるときは出来るだけエアコンを使うようになりました。

 

エアコンは体に悪いからと我慢をすることで、体調を崩したり熱中症になっては元も子もありません。

極端な使い方をしなければエアコンは快適な空間を保ってくれるので、便利な機械は積極的に利用したほうがいいと思います(^-^)

 

2.無理に外出しない。

 

以前は、「子どもたちを外に遊びに連れて行かなきゃ」とか、「体を動かさないといけないから散歩に行かなきゃ」とか、いろいろ頑張って外に出ようとしていました。

ところが、これは心療内科の先生に言われたのですが、「暑い日に外出したら誰でも体調が悪くなる可能性があるから、無理に出ないほうがいいですよ。」とのこと。

 

それからは、外出するときは朝早い時間や夕方涼しくなってから外出するように心がけました。

もちろん、どうしても行かないといけない場所や、楽しみで行ってみたいところには出かけますが、それ以外は、変な使命感(?)みたいなもので外出するのはやめました。

 

3.我慢せずに薬にも頼る。

 

これは、「パニック障害と薬について、どう考えたらいい?」の記事にも書きましたが、以前の嫁さんは、「薬の量」「薬を飲む飲まない」が自分の体調の目安になっていたので、「薬を飲む」=「前に逆戻り」という図式が出来ていました…(;´д`)

なので、調子がよくなっていたのに、薬を飲まないといけなくなると、「また逆戻りだ~(T-T)」と考えていました。

 

やめていた薬をまた飲むことになると、せっかく良くなってきた体調が前に戻った感じがしますが、けっしてそうではありません。

ですから、どこかに外出したい時、しんどかったり不安感が出たら、いろいろ考えずに薬を飲んでから外出するようにしました。

 

薬に頼ってでも、外出できたことで自信につながり、行動したことがまた次の1歩につながっていきました。

 

最後に

 
tubakuro

冒頭にも書きましたが、僕や嫁さんも山に登る元気はあっても、この暑さだと、スーパーにいく元気はなかなかないです(;´д`)

また、暑いとそれだけでイライラしてしまい、ストレスがたまります。

 

ですから、過去の記事「なんでも症状に結び付けない。」にでも書きましたが、暑いとき、体調が悪かったりドキドキしても、誰でもそうなる可能性があるので、すべてをパニック障害に結び付けて考えがないことが大切です(^-^)

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 『体』について, パニック障害

コメント

  1. ぴーちゃん0214 より:

    こんばんは(^.^)
    そうそう!とうなずきながら拝見させていただきました。
    「無理に外出しない」「薬にも頼る」は心がけております。

    私も暑いのは苦手なので、この時期はつらいです。思い起こせば子どもの夏休みに入るころがちょうど梅雨明けで暑くなる=昼ごはんも用意しないといけない、などでストレスもピークになりお盆のころになると暑さと夏休みのリズムに慣れて秋になる・・・という感じでした。パニック障害の症状が出てからもこの時期に不安感が出やすく、でも仕事は行かないといけないので頓服飲みながら過ごしています。ここんところいろいろがんばりすぎたのか?連日の暑さもあって、頓服はいつもポケットに入れてざわざわしてきたら躊躇ぜずに飲むことにしました。
    飲み会やランチのお誘いもあるのですが、行きたい気持ちはあるけど不安感があるので、理由をつけては行ってないです・・・かっかさんはそういうお誘いは大丈夫なほうですか?

    私も場合は年齢も46歳と、更年期にさしかかっているので更年期のせいにしようかとも考えております(笑)

    私の周りは暑さに強い人ばかりで、みんなが元気に見えてそれも気が滅入る原因になってるかも。暑さに弱い大学生の長男が唯一体の不調を言い合える仲間です(笑)

    • とっと より:

      おはようございます。

      ぴーちゃん0214さん。
      コメントありがとうございます(^-^)

      お盆に入ったら、少し暑さが和らいだ気がしますが、嫁さんは、このところパン屋のパートが忙いようで、帰ったらグッタリしています(;^_^A

      でも、パニックの症状が出ることもなく、仕事が出来る嬉しさで、「体は疲れるけど、充実してる。」と言っています(^-^)/

      そういえば、嫁さんは、飲み会やランチのお誘いは、子どもたちが幼稚園時代にママ友に誘われたりしていたようですが、1~2回くらいしか参加していません。

      もともと苦手なので、最初はいろいろと理由をつけて、最終的には体調のことを理由に断っていました(;^_^A

      これも、「行きたいな~」と思ったら行くようにして、「イヤだな~。」と思ったら無理して行かないようにしていましたよ。

      自分が気が向いて、「ちょっとやって(行って)みよ!」と思うときは、飲み会なども参加してみてはどうでしょう?

      それで、もし、しんどくなっても、やっぱりダメだーって自分を責めずに、参加した(行動した)自分を「私って行動した!!すごい!!」ってほめてあげたらと思いますよ(^-^)

    • かっか より:

      ぴーちゃん0214さんはじめまして。かっかです。コメントありがとうございます。

      お盆も仕事で、1日あったお休みもお墓まいりなどになり、忙しく過ごしておりました。

      我が家は毎年、お墓まいりの後に、伯母の家で炎天下の中、バーベキューandそうめん流しがあります。。。これを飲み会と例えるならば、ぜーったいに行きたくありません(~_~;)

      基本的には楽しい事、したい事だけをするようにしていますが、そうはいかない時もありますよね~_~;
      でも逆に行ってみて、なんともなかったりすると、「それほど行きたくないわけでもなかったのかな?」と結果ですが、そういう事にしています、、、いままで本当に行きたくなくて行かなかった事は沢山ありますから。。。

      私の中で、息が浅かったり、喉の詰まり感があったり、ソワソワする時は、パニックのせいではなく、それが正直な私の気持ちなのだろうと思うようになりました。
      色々なストレスや幼い頃の影響でパニックになったとしたならば、自分に正直になってあげる事が克服にも繋がるように思っていますよ。。。

      ちなみに更年期のこと私も気になることがあります(^^)いまはまだかなーと思いますが、生理前などは体も気持ちもダルダルです。

      これも私がぁ〜と悪あがきはしませんよ。。。長々とすみませ(*^^*)

  2. みき より:

    こんにちは!
    私も(そうそう)と頷きながら読んでました。
    (薬)も躊躇なく、服用して、楽しめれば良いとおもいます。

    夏休みの家族旅行の下呂温泉、楽しめました!
    (楽しみ)があると良いですよね。でもお金も要るので、涼しくなる9月からは、仕事をふやします(笑) 楽しみの為に……と思う事にして。と決めたら、お義母さんが倒れて、入院。これは大変です!これは、逃げる事はできませんよね。でも、病気の事はお医者さんに。私に出来る事だけをやろうとおもいます。
    頓服も止める事が出来ているけど、(看病、無理そうだなぁ)と感じたら、服用して乗りきります。
    (前に逆戻り)じゃないですもんね。

    • かっか より:

      みきさん。こんにちは。かっかです。。。

      下呂温泉楽しまれたのですね。私はパニックになってから、温泉が怖くなり行かなくなっていたのですが、長野に行った時旅館に良い温泉があり「エーーーイ」と思い切って入ってみたら何ともなくてビックリ(^^)あら平気ジャーン。楽しいジャーン。
      でしたよ。

      お義母さんの事は心配ですね。
      でもおっしゃっている通り、お医者さん、看護師さんにお任せです。。。
      みきさんはしてあげたい事だけを気持ちよくして下さいね。
      みきさんが体調よく過ごせる事がいちばん大切なのですから。。。

      もちろん、体調構わず頑張るのもアリですよ。みきさんにとって充実出来るやり方をしてみて下さいね。

      陰ながら応援させていただきますので!!!

  3. ぴーちゃん0214 より:

    とっとさん、お返事ありがとうございます。みきさんのコメントも「そうか~(^.^)」と思いながら拝見させていただきました。
    飲み会などのお誘いは自分の気持ち(行きたいか?行きたくないか?)に合わせて参加できたらしたいと思います。Facebookで飲み会に行ってる人の写真とか見ると正直羨ましいです。
    かっかさんもお仕事順調で良かったです♪今までのつらい経験があったから思えることですよね(^.^)私は周期的に「仕事やめたい~!」と思ってしまいますが、(かれこれアルバイトですが14年目です)薬飲みながらでも通えているので、もう少しがんばってみよう!みきさんのように、「楽しみのために」と思えばいいですね(^.^)

  4. とまと より:

    久しぶりにコメントさせて頂いてます。
    なんだか、やっぱり、このブログを見るとホッとします(*^_^*)
    お盆を過ぎて、朝、晩は涼しくなりましたね。私も更年期なのか、かなり暑くて、汗がすごいです!先日、何十年振りに浴衣を着ましたが、優雅に着るつもりが、汗だくでした。まぁ、、、それも夏の思い出ですね。

    • かっか より:

      とまとさん。こんにちは。
      かっかです。

      ブログにホッとしてもらって嬉しい限りです。。。

      浴衣で汗だく〜素敵な思い出ではないですか。なかなか浴衣を着る機会もないので羨ましいですよー(o^^o)

      一度きりの人生。楽しまなきゃですね(^^)
      私もがんばりまーす!!!

  5. ひーちゃん より:

    おはようございます(^-^)
    私もそうそうとうなづきながら、とっとさんのブログもみなさんのコメントも読んでました。この夏は本当に暑くてめまい感も出たり、私、こんなに体力なかったのか?と思ってしまいます。私の場合も娘が夏休みで、毎日朝から今日はお出かけする?つまんなーい?どっか行こうよー。ママ遊ぼうよーと次から次へとせがまれ、早く幼稚園始まってー!と願ってますf^_^;)
    こないだ心療内科の先生に、体調良い日は薬半分にして良いよって言われたけど、パニックの体調不良なのか、暑さやストレスの体調不良なのかよくわからない状態です。減薬はとりあえず夏休み明けてからにしようと思ってます。
    かっかさん、お盆もお仕事だったんですね!夏休みは子どもも家にいるし、パン屋さんは忙しいでしょうね。私もついつい買ってしまいますf^_^;)それでも体は疲れてても充実してると思えるなんて、すごい進歩ですね!病気のこと忘れられるし、やりがいも感じられるし良いことですね。
    夏休みもあと少しだー!この夏休みは使命感?だらけの外出でしたが、ぼちぼち娘と楽しく過ごす日々と考えながらあと半月過ごすようにしますf^_^;)

    • かっか より:

      ひーちゃんさん。こんにちはかっかです。

      小さな子どもがいるとそうなりますよね〜我が家の子どもたちも毎日「何したらいいの?」と聞いてきます。。その言葉だけでどっとつかれる私です~_~;仕事のが楽ーーーf^_^;

      おっしゃる通り、スタートには戻りません。チビチビ必ず進んでいます。
      お薬もうまく利用したらいいですよ。

      私は最近、一人での車の運転にやる気が出ません。まぁやる気スイッチ入るまで待ちます。
      夏休みあと少し!!ファイトー(≧∇≦)

      • ひーちゃん より:

        かっかさん、返信ありがとーございます(^-^)嬉しいです。やっぱり子どもとの時間、なかなかのストレスですよねf^_^;)
        車の運転、私はパニック発作以来全然してません。でもいつかここをクリアしてやるー!とは思ってます。が、一向に気が向きません笑 思い立ったらその時がチャレンジの時期なのかなと思ってます。最近アロマもどうかなと気になってて、先日、どうしてもアロマが欲しくなり、無印良品へ行きたい!!と思い、なんと!突然、電車にチャレンジしました!特急で5分、駅へ着いたら無印良品へ直行。アロマだけをさっと買い、特急に乗り帰宅。所用時間30分でした。ずっと、イヤホンで音楽聴きながらでしたけど、でも1人で行けたんです!!帰って涙が出ました。楽しくがんばるってこういうことですね。車の運転も、行きたい!って思うところへチャレンジしてみようと思います。いつか笑 突然関係ないけど話を長々と失礼しました。

        • かっか より:

          ひーちゃんさん。こんにちはかっかです。返信が大変遅くなりまして~_~;

          すごく嬉しいご報告ありがとうございます。
          そうですね(^^)やってみたい時がその時だと思いますよ。
          私もそういうは風にしています。
          涙が出ちゃうくらい嬉しい気持ちもスゴーーーク分かります^o^
          人から見ればそんな小さな積みかせね、、、でも自分にとっては大冒険みたいな。。。感動ですよね。

          途中で止まっても大丈夫。スタートには戻りませんからね。

          車の運転も「いまだ」という瞬間が来るのでしょうね。ワクワク(≧∇≦)

  6. 7272 より:

    こんにちは‼︎

    とっとさんのブログ、皆さんのコメント…とてもよく分かります。

    冷え性、汗をかけない私は、体が冷え過ぎも苦手だし、電気代も気になるし…温暖化の今、CO2を出してしまってる事に罪悪感で…極力つけないようにしてしまいます。

    薬も、飲まない=良くなってるという考え、何十年も飲み続けて依存してしまわないか?離脱症状は?など、だんだん不安になりやめました。やめたから、急に悪化した訳でもなく、やめた事でだるさが軽くなったのも事実です。でも今は、夏だけではなく、引っ越しでの環境の変化など…精神負担が多い時なので、辛い時は飲んでいます‼︎

    前進したり後退したり…色々考えてしまいますが、一番辛かったスタートに戻る事はないので…少しずつ偏った考え方も直しながら、前進できれば良いなと思います‼︎

    • かっか より:

      7272さん。こんにちはかっかです。

      分かりますよー環境や経済的な事考えるとエアコンやら電気代やら気になりますよね。。。

      ちょっと前までの私は自分の事タダの金食い虫だと思っていました。

      今は私が快適に、優しく穏やかに過ごせる事が家族と私の幸せで、当然の権利だと思うようになりました。そうなってからの方が、家族の空気?が良くなった気がします。

      これもパニックが教えてくれた事かもしれないですね。

      もっともっと自分本位で、自分甘くっても良いのかも。パニックさんは引け目を感じやすいのかも知れません。(私の勝手な考えですが)

      7272さん色々な気持ちを聞かせてくれてありがとうございます。またコメント下さいね(^^)

  7. マコ より:

     こんにちは。そして、おかえりなさい。ケガやかっかさんの発作もなく無事登頂できてよかったです。写真を見ていると、私も山登りしてみたくなりました。
    ストレスがぶっ飛びそうなほど、癒される景色ですね。
    目標達成おめでとうございます!!!次回も楽しみにしていますね。

     ところで、暑さとパニックですが…
    私は、発作が起きると手足のしびれや、息苦しさ、体がカーッと熱くなり、汗が止まらなくなります。寒い場所でも、一度体が熱くなると冷めるまでに時間がかかります。そして、暑い場所や、熱かったり辛い食べ物を食べて汗がでると、発作が起きます。
    これは、脳の勘違いによるパニック発作だときいたことがあります。
    ただ、夏だから、暑いから汗が出るだけなのに、「発作だ!」と脳が勘違いするそうです。
    なので、私は外で食事をするときは、汗が出そうな辛いものや熱い鍋焼きうどんなどは食べません。室内が暑い場所も苦手です。
    なので、夏は暑さのせいで、汗がでて良くパニック起こします(笑)
    「発作で暑いんじゃない!」と脳に言い聞かせているのですが、まだまだおバカです。
    でも、とっとさんの言うようになんでもパニックのせいにするのは良くないですね。元々、自分の苦手なことだったのかもしれないのに、今ではパニックのせいにすることが増えている気がします。
    これでは、治したい性格や苦手なことも克服できなかったり色々な事に挑戦できないですよね。
     いつも、とっとさんの言葉で「そーだ!そーだ!」と励まされ前向きになれるのに…すぐネガティブに逆戻り、どーせ私はパニックだから…とあきらめ癖がついて…暑さも汗もパニックは関係ないとわかっているのに…ただの汗なのに(-_-)
    でも、北アルプスの写真やご家族の頑張って登頂した写真をみて、またやる気がでてきました。私も、いろんなことに挑戦したいです。
    まずは、汗をかいても、発作と勘違いしないよう、努力して鍋焼きうどんでも食べてみようかな~!(^^)!

    • かっか より:

      マコさん。こんにちはかっかです。

      おっしゃる通り、脳の勘違いなんですよね。

      でも、発作の恐怖が頭から体から離れない苦しさよく分かりますよ。
      理解出来ていても、実践できないもどかしさも分かりますよ。。。

      でもますば理解できている事が大切だと思います。あの恐怖感は手強いです。その中でお薬の力をかりたりしながら手強い発作をやり過ごせた時しっかり自分を褒めて笑っていけたらいてもいいなぁーと思います (^^)

      私はお酒が好きなんですが、お酒のあとに車の助手席に乗っていて発作を起こした事があります。
      病院ではただの車酔いですよーと言われましたが、なかなかクリア出来ず、お酒を止めていた時期があります。。。

      でもだんだんつまらなくなってきて、、、発作が起きても今が楽しい方がいいと思い始めました。

      最近では、飲みたい時には飲んでいます。「楽しいお酒はいいですよー」と言われた心療内科の先生の言葉が響きました。

      マコさんもきっと自分で気持ちをコントロール出来るようになりますよ。ちゃんと理解しているのですから^ ^

      少しずつ少しずつですよー(o^^o)

      • マコ より:

         かっかさん、こんにちは。いつもありがとうございます。
        分かってくれる人がいるって、ほんと心強いし、うれしいです!!!

         いつも、一歩一歩、ゆっくりゆっくりと励ましてくれるかっかさんととっとさんに感謝です。

        • かっか より:

          マコさん。こんにちはかっかです。

          このブログで色々感じてもらえて嬉しい限りです。
          私たち夫婦も皆さんのコメントに励まされたり、色々な考え方や工夫がある事を知る事が出来ています。。。

          きっとトット君の力だけではこのブログは出来上がら無いと思います。

          みんなで作っているように思います(あっトット君には内緒ですよー(o^^o)

  8. じんちょす より:

    お久しぶりです。
    抗うつ薬と新しい抗不安薬のおかげで、
    家にいるだけなら発作があまり起きなくなりました。
    薬の効果ってすごいな~と改めて実感しました。
    SSRIを飲むのだけは嫌だったので、
    別の抗うつ薬を飲んでます。

    小学生の娘と始めて、夏休みをずっと一緒に過ごしてます。
    それまでは保育園と、児童会に預けていたので、久しぶりに子供と1日中一緒の行き詰まる感じとか、1日子供と何を過ごしたらいいのか途方にくれる感じとかに疲れてきています。
    早く学校始まって!って私も思ってしまいます。

    糖質制限、私もゆるくやってるんですけど、お子さんの食事はどうされていますか?
    私は夕方だけご飯を抜いてます。
    昼は主人に弁当を作るのでご飯と弁当のおかずを食べています。
    朝はパン食だったので前は食パンをパン焼き機で作ったものを食べていました。
    糖質制限をするようになって、小麦粉をなるべくとらないようにしているので、朝はおからと米粉の蒸しパン(パンケーキの時もあります)にしています。
    子供や主人は食パンがいいみたいですが、食パンを焼いてしまうと、どうしても私も食べたくなってしまうので我慢してもらっています。
    でも本当は分けるべきなんだろうなと後ろめたい気持ちです。
    とっとさんのお家ではどうされていますか?

    • かっか より:

      じんちょすさん。こんばんは。かっかです。

      お久しぶりですね。お薬の事も少しずつ自分らしくチョイス出来るようになっているようですね。このまま自分のペースで進んでみて下さいね。

      さて、糖質制限ですがまず、後ろめたさは減らして下さいね。家族にはっきり「嫌だ」と言われるまで、又は自分が楽しく出来る所までユルユルでやってみて下さいね。ストイックはしんどいですから。。。

      我が家は、とくに子どもの食生活に悩みません。仕事がパン屋だけあって朝はパン食が多いです。昼は給食でバランスバッチリ!!!
      夜は最悪納豆食べてればオッケーくらいにやっています。。。

      トット君のお弁当作りもやめましたし。

      ちゃんとした食卓は理想ですが、お母さんが疲れてちゃ美味しく無いですから。

      罪悪感なんでなくて大丈夫ですよ。手抜きしても、笑っていられるお母さんが子どもは大好きですよ。

      きっと、、、

      • じんちょす より:

        かっかさん、返信ありがとうございます。
        実は朝の食パン、私も食べたいんです!
        蒸しパンも、パンケーキも飽きてきた…
        ところに実家の母から、母親は家族の食べたいものを作るの!あんたのせいで家族が我慢してるのはおかしいって言われて。
        私だって食パン食べたいんじゃー!でも糖質制限に小麦粉は敵だから我慢して、蒸しパン食べてるの!って思って。
        我慢しながら糖質制限って??
        夕飯のご飯抜きは苦にならないのに、朝の食パンは我慢…?
        これってなんかおかしくない?
        なので明日から食パン焼きます!!
        それでどうしても食パン食べたら体がだるくなるとか、眠くなるとか体に不調があったら蒸しパン生活に戻ります。
        正しいか正しくないかではなく、楽しいか楽しくないか、以前とっとさんが仰っていたみたいに。

        • かっか より:

          じんちょすさん。こんにちはかっかです。

          本音ですね(^^)
          それでいいと思いますよ。
          誰かに言われたからではなく、自分がどうしたいか、、、が大切だと思います。

          だからがむしゃらに糖質制限したい時はしたらいいし、食パン食べたくなったら食べたらいいと思います。

          明日食べる食パンは最高に美味しいでしょうねー(≧∇≦)よーく味わって下さいね。

          不幸の中にこそ、幸せがあるのかもしれない、、、(やなせたかしさんの言葉です)パニックになって、幸せ感じる事増えました( ^ω^ )

  9. ぴーちゃん0214 より:

    かっかさん、こんばんは♪
    コメントをいただきありがとうございます。
    みなさんのコメントにも元気をいただきました。ありがとうございます(^.^)

    そういえば、何でもパニックの症状に結びつけてました。
    今までも疲れてしんどい時はたくさんあったのに、脳の誤作動でパニックの症状が出ると理解すれば、冷静に自分の状態にも向き合えるんですね。
    とっとさんのブログで紹介されていた「不安障害」の本、買いました。今までは自分が心療内科に通院していること、不安障害という病気であることを認めたくなくて人にも言えませんでしたが(仕事がスポーツ関係で元気でなければいけない、という勝手な思い込みからです)これからは向き合ってこの病気と付き合っていこうと思っています。
    主人は同じ年ですが「この年になれば病気の一つや二つあるやろ~」と言って、私が思っているほど深刻に考えてないのがかえって良いかも、です。

    薬も副作用はありますが、自律神経が整うからか?以前よりイライラすることも少なくなりましたし、風邪もひきにくくなったのでマイナスばかりではないのかな~と思っています。自分の生き方を振り返るきっかけにもなりましたし、こうしてとっとさん、かっかさんのブログにも出会うことができましたし(^.^)
    皆さん、がんばって毎日を過ごしているのかと思うと勇気が出ました。

    夏休みは子どもが小学生のころはとっても憂鬱でした(笑)特に自由研究とかは親の宿題か?と思ってました(>_<)
    長々と失礼しました~

    • かっか より:

      ぴーちゃん0214さん。こんばんは。かっかです。

      普通にある体の反応が、パニックのせいでは?、、、と思うのは、恐怖がついてまわるからなのでしょうね。
      冷静になれば誰しもある事なのかもしれないです。

      スポーツ関係のお仕事なんですね。。。ステキ(o^^o)

      私の場合ですがエアロビの先生はいつもイキイキしててステキな方です。
      ぴーちゃん0214さんがおっしゃるように心やカラダの不調なんて無いだろうと思うほど、、、

      そんな先生にも子どもさんが産まれ、子育て中は「もうインストラクターには戻れないかも、、、」「社会との距離感を感じる」などノイローゼの症状があったそうです。
      現在は子供さんの役員のことでドキドキ不安でねむれない、、、みたいなのもあるみたいで、なんだか、ホッとしたおぼえがあります。。。
      ステキにみえる先生も私と同じなんだなーって。。。そういう先生だからこそわたしの症状を理解してくれて「息を吐くことを忘れないでーーー」ってレッスン中に声を掛けてくれたり(^^)凄く心強いです。

      パニックや不安障害などで、有酸素運動が大切なのはよく知られていて、、、更にぴーちゃん0214さんがスポーツ関係のお仕事をされているのは心強い事です。

      色々な経験をされて、それでも前へ進まれる姿に、きっと勇気をもらっている人がいるはずです。
      少なくとも、私はその1人なのです(≧∇≦)

      夏休みはつらーい時期ですが、子どもたちは今日から九州のおばあちゃんちにおくり込みました(^^)
      以前の私なら出来なかった事のひとつ、、、私の進歩なんですよ〜。。。

  10. ぴーちゃん0214 より:

    かっかさん、温かいコメントありがとうございます。皆さんのコメントにもいつも勇気をいただくことができうれしいです(^.^)
    エアロビインストラクターと聞くと、人の前に立つ仕事だからいつも元気!というイメージがありますが、つらい思いをされている方もいらっしゃるんですね。先日、お客様から「顔をみるとほっとするわ~」と言ってもらえ、こんな私でも人のお役にたってるんだ、とうれしくなりました。
    ということもありつつ、昨日から仕事中体調不良で今日は早退させてもらいました。「パニックのせいか~」と思い、頓服を飲んだけどきかなかったので単なる暑さで体がまいっているのか?それとも更年期なのか?帰ってから寝たらましになりました。
    主人いわく「単なる体の不調じゃないの?」と言ってましたが・・・どうなのか自分でもわかりません((+_+))
    最近では私の持病も人に言うことにしました。今までは隠してました。受け入れられるかどうか、不安だったからです。私としてはただ聞いてもらえるだけで安心するのですが、中には「心の持ちよう」と思う方もいて「頑張って」的なことをいう方もおられます。そうじゃないんだけどな~と思いながら聞き流してますが(笑)
    ずっとしてきた仕事も以前から漠然と「やめたい」と思い続けてましたが、この際思い切ってやめて、一度ゆっくりして次に進みたいと思うようになりました。これもこの病気のおかげかも?
    次のブログ楽しみにしてます♪私もわんちゃん飼いたくなりました(^.^)

  11. かっか より:

    ぴーちゃん0214さん。こんばんはかっかです。

    体調の事、気になりますが、あんがい冷静なご主人の言葉は正しいのかもしれませんね。。。
    私もトット君に意見されて、私の気持ちなんて私の体調なんてわかるはずない!!と、思っていましたが本当に大したことなかったわーーー~_~;みたいな事いっぱいありました。最近は言われても「そっかーじゃあ寝まーす!」とスグに休みます。頑張りません。。。

    知り合いに体調の事話して反応が気になるのも分かりますよ〜でも他人なんて大してこちらの事なんて気にしてないし、気を使って考えて出た言葉が「頑張って」「心の持ちよう」とかになってしまうのかもです。

    相手の反応に期待してしまうのかも知れません。私が求めてる答えと違う、、、そうじゃない、、、この人はわかってくれない、、、私はそういう時期がありました。
    最近は私が言いたいから言っただけ、、、欲しい言葉が貰いたいのではなく、ただ私がこの人に知って貰いたかっただけ。自己満足なのよーそのために難しいこと考えさせたね〜すいませ〜ん^o^サラッと受け流してね〜という感じ。ぴーちゃん0214さんと同じく人の反応は受け流しております。
    とても楽になりました。

    お仕事の件はそういうやり方もあると思いますよ。ぴーちゃん0214さんの人生ですから、自由にしていいんだと思います。違う視野が開けるかもしれないですね。私にとっては仕事を始めた事が世界の広がりになっていると思います(^ν^)

    悩みながらも楽しい人生を送りたい。そう思うばかりです。長々とすみません~_~;

  12. kokoma より:

    ご主人の奥さんへの愛情がとても感じられるブログでした。
    ひとはいろいろな悩みや傷を持っていますが
    ご主人のように奥さんをやさしく包み込んであげることが最良の治療だと思います
    このブログは悩んでる人たちにも励ましになるかもしれないです
    奥さんの症状がもっと改善されるといいですね

    • かっか より:

      kokomaさん。はじめましてかっかです。
      コメントありがとうございます。。。

      私たち夫婦も皆さんから元気をもらっていますよ。
      ブログにしたり、コメントにする事で考えや気持ちがまとまる事もあります。

      少しずつですが考え方や捉え方が変化する事で楽になってきました。。。

      kokomaさんも少しずつ進んで行きましょうね。いつでもコメント大歓迎ですよー(o^^o)

  13. さらり より:

    初めまして。さらりです。
    とっとさん、かっかさんのブログ
    いつも拝見させていただいてます。
    私も、パニック障害で、みなさんの
    コメント等わかるわかる~(-_-)と思い読んでます。
    かっかさん、頭がゾワゾワ(しびれた感じ)とかありますか!?

    • かっか より:

      さらりさん。はじめましてかっかです。
      コメントありがとうございます。

      頭がゾワゾワしたりしびれたかんじはないですよ。症状は皆さんそれぞれのようですね。

      目の奥がジーーンとする事はありますが、、、
      あまり気にしないようにしています。

      さらりさんは運動とかしてますか?最近、私は踏み台昇降運動を始めました。したい時にしかしてませんけど~_~;

  14. ぴーちゃん0214 より:

    かっかさん、お返事ありがとうございます。そしてまたまたうれしくてメッセージ入れさせてもらいます(^.^)
    あれから職場でずーっと一緒に働いている年上の同期の方に、ただ聞いてもらいたくて今の現状と気持ちを聞いてもらいました。そして辞めたいことも伝えました。聞いてもらえて気持ちが楽になりました。これから上の人に言わないといけませんが、自分にベストな状態を考えながらゆっくりと進んでいきたいと思います。
    昨日はノルディックウォーキングというウォーキングの仕事でお客様と一緒に歩きましたが、お客様の中にパーキンソン病の方がいらっしゃって、病気を抱えながらも楽しそうに歩いている姿を見て、私の方が元気をいただきました。人の心を癒すのは人なんだ・・・と改めて思いました。こんなこと思ったのは初めてです。
    kokomaさんのコメントにもありますが、私は最近拝見しだしましたが、過去のブログも含め、とっとさんとかっかさんのブログにはとても励まされております。ありがとうございます!

    • かっか より:

      ぴーちゃん0214さん。こんばんは。
      こちらこそありがとうございます(^^)

      お仕事のこと、少しスッキリされたみたいで何よりですね。自分が気分良くすごせる方を選ぶといいらしいです。以前私がお世話になった方から教えてもらったやり方です。
      迷ったら「どちらが自分にとって気分がいいのか?」考えるだけで1日のうち、気分のいい時間が増えていく感じです。

      お客様にも色々な方がいらっしゃるんですね。「不憫だなぁー」と思うひともいると思います。でも「すてきだなぁー」と感じたり
      自分の励みに感じられるぴーちゃん0214さんは素敵だと思いますよ♩

  15. おちゃむ より:

    はじめまして!
    パニック障害のブログを検索していてこちらにたどり着きました。
    この夏に年子の子供(2歳1歳)を自転車に乗せてる時にパニックになりました。動悸が激しく、手も震えるし『子供らをなんとかせねば!』ととても不安恐怖にかられました。その時のわたしが『外に連れて遊びに出かけねば』『家の中でいてもけんかばかりで疲れてくれないし』と記事に書かれていたことと同じような心境で嬉しくてコメントしてしまいました!通院等はしていないのですが、これから少しずつ治していきたいと思っています。

    • とっと より:

      コメント、ありがとうございます!

      うちも年子なので、(2歳1歳)の時の状況は、よく分かりますよ!!ええ、ちょっと思い出したくないくらいに…(;^_^A

      手を抜けるところは手を抜いて、子どもたちの面倒をみてくれる状況があれば、積極的に預けたらと思いますよ。

      ゆっくりゆっくりですね(^-^)

  16. lily より:

    はじめまして。
    パニック障害のような症状が実は脳脊髄液減少症が原因だったものです。
    みなさん、パニック発作と脳脊髄液減少症の関係性について、みなさん、ご存じなのでしょうか?
    パニック障害との診断を受け入れる前に、その症状が脳脊髄液減少症でも起こることをご存じなのでしょうか?
    もし、脳脊髄液減少症が原因でのパニック発作を見逃されているとしたら?と考えると、とても心配になります。

    • とっと より:

      lilyさん
      コメントありがとうございます。

      「脳髄液減少症」でもパニック障害の症状が出るのですね。lilyさんのブログを読ませてもらいました。

      今まで、原因のわからない症状で、辛い思いをされてきたと思います。

      そう言えば、以前、テレビで少し「脳髄液減少症」の事が紹介されていて、嫁さんもネットで調べていたことがありました。

      それでも、まだまだ認知度が低いですよね。

      このブログの過去記事に、反発性低血糖の事を書きましたが、「低血糖症」でもパニック障害になったりと、パニック障害の原因を突き止めるのが難しいのだと思います。

      医師も、専門分野以外のことは分からないことが多く、ただ症状に対して処置するか薬を出すかしかないのだと思います。

      パニック障害=心の問題(心療内科)、と決めつけずに、広い視野で見ることが大切なんでしょうね。