嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

糖質制限やダイエット、続けるコツは?

   

 

おはようございます。とっとです。

さて、前回の記事がきっかけで、我が家では『糖質制限』強化月間です(●´∀`)ノ

糖質制限やダイエットだけではなく、何かを続けようとしてすぐに挫折してしまったという経験は、みなさんあるのではないでしょうか?

そこで、今回は「続けるコツ」を紹介します。

 

1.糖質制限を続けるコツは、楽しみながらやる

 

最初に、糖質制限を続けるコツは、楽しみながらやることです。

「あれも食べれない」、「これも食べれない」と考えるより、食べれるものを探して楽しみながらやるのが良いです。

okara

↑前回は、おからでチョコレートケーキを作った嫁さんでしたが、今回はチョコチーズケーキを作ってみました(●´∀`)ノ

もちろんベースは「おから」です。しかも、低糖質のアイスクリーム添えです(笑)

 

苦しみながらやると続かないので、できるだけ楽しくできる工夫をします。

 

2.糖質制限を白か黒か極端に考えない

 

以前、はじめて糖質制限をやり始めたころの話です。

『とっと君、たいへんだよ!!』

『な、なんだい?』

また、「たいへん」がはじまった。
もう慣れてるけど(n´Д`)

 

『糖質制限って体に悪いらしいよ!!!』

『どういうこと?』

『糖質をまったく取らなかったら、体に良くないってネットに書いてあったもん。やっぱり、やめよっかな~。』

うーーー(;′゚∀゚`)
いつもの「白黒論法」だ・・・。

 

糖質制限を始めようとすると、いきなり糖質を0(ゼロ)にしようとしてしまいます。

たまに「糖質制限は体に悪い」ということを耳にしますが、その理屈は、「まったく糖質を取らなかったら」ということが多いです。

 

しかし、あくまで「制限」なのでゼロにする話ではありません。

それに、現代の食生活では糖質を0にすることはまず不可能でしょう。

 

なんでもバランスが大切なので、「まったく糖質をとらない」という極論の話ではありません。

続かない人ほど、自分に都合の良い情報を見つけてきたり、極論の話をします。

 

このブログでも、何回か書いてきましたが、考え方で大切なことは、「白か黒か」、「0か1か」、の二者択一ではありません。

長く続けるためには、糖質をまったくとらないようにするのではなく、今食べている糖質の量を徐々に減らすようにしましょう。

それだけでも、健康に一歩近づきます。

 

3.完璧主義をやめる

 

また、ある日の事・・・。

『とっと君、もうダメだー!!!』

『うん。で、どうしたの?』

 

『今日は、我慢できなくてご飯を食べちゃった-!!!わたしは意志が弱いんだ-!!!こんなの続かない-!!!』

『うん、また明日から気をつけよ。』

『あー!!またゼロからやり直しだー!!』

うーーー(;′゚∀゚`)
だから、なんでゼロからになるんだい!!
 

パニック障害の克服も、糖質制限も、ダイエットも、すべてに共通するのですが、チャレンジして失敗すると「もうだめだ!!自分には出来ない!!」と失敗したことを責めてしまいます。

これは、完璧主義の人に多いのですが、これは出来なかったときに挫折感が大きく、そこでやめてしまいます。

 

3日坊主でも、1日坊主でも、まずは行動したことを認めましょう。

これも1歩1歩の積み重ねです。

 

まとめ

「続ける」習慣

『30日で人生を変える「続ける」習慣』(古川武士著)
最近、読んで面白かった本です。

 

ここまでさらっと書きましたが、「続ける」ということは誰しもむずかしいことです。

「三日坊主」という言葉があるように、ほとんどの人が出来ても3日です。

もっと言えば、「思う」だけで「行動」しない人がほとんどです。

 

ですから、少しでもチャレンジしたら凄いことです!!

結果を焦らず、行動した自分を褒めて、1歩1歩進んでみてください(^-^)

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 糖質制限