嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

新しいことを始めるのは誰しも「不安」です。

   

 

こんばんは。とっとです。

先日、ブログを読んでくださってる方から、パートを始めることになりましたと、嬉しいメールを頂きました。

パニック障害を抱えながら仕事をする不安もあると思いますし、新しい環境に馴染めるかどうかも不安だと思います。

 

そういえば、僕も最近、子ども達と一緒に格闘技を習い始めたのですが、やっぱり始めるにあたり、いろいろと不安はありました。

今回は、それにまつわることを書いてみます。

 

経験のない自分に出来るのだろうか?という不安

 

まず、僕が始めてみようと思ったきっかけは、以前ブログで紹介したこの本なのですが

記事:『パニック障害に運動って効果ある?』

脳を鍛えるには運動しかない!

 

この本を読んで、「運動」の大切さは充分に分かったものの、実際に始めるとなると、なかなか行動にはうつせません(n´Д`)

 

真っ先に考えたのは、「う~ん、自分には出来るんだろうか?」ってことです。

 

結局、3日間くらいグズグズと悩みましたが、自分の書いたブログを読んで、「よし、結果よりも行動だ!」って、自分自身を奮い立たせました(笑)

 

そう、大切なことは「出来るか出来ないか」ではなく、「やってみる・行動してみる」ってことなんですよね(;^_^A

 

誰しも新しいことを始めようと思った時に、自分に出来るだろうか?という不安があります。

 

でも、誰かと比較して出来る出来ないではなく、昨日の自分と比べて、一歩だけでも成長する事が大切なんだと思います。

 

新しい環境に馴染めるのだろうか?という不安

鳥取県大山

 

もう一つ、不安に感じたことは、新しい環境や輪の中(人間関係)に馴染むことができるかな?ということです。

 

僕は、子供の頃、父親の仕事の都合でよく引越しをしていました。

ですから、父親の職場の移動発表がある3月は、とても嫌でした。

小学生の時は、転勤を知らされると、毎回、涙を流していたのを覚えています。

 

しかし、いつのまにかそういった事に免疫力ができ、「新しい環境になっても、必ず素敵な出会いがある」と思えるようになりました。

 

誰しも、新しいことを始めたり、新しい環境に入るのは不安なことです。

 

でも「脳」は、環境が変わることを嫌いますが、逆に変わってしまえば、どんな環境でも馴染むことが出来ます。

 

ですから、最初は慣れなくてドキドキもすると思いますが、「パニックだから」と考えず、きっと乗り越えていけると思います。

 

僕も、これからどんどん、チャレンジを楽しみますよ(●´∀`)ノ


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 『心』について, パニック障害

コメント

  1. かっか より:

    はい。、不安です。

    今、
    「執着」と
    「こだわり」について、考えていたら、
    心屋ブログでタイムリーに取り上げられててビックリポンでした~_~;

    この違いを理解できれば、新しいことへの不安もすこーし薄れるのかも知れないですね。。。

    また、コメントしちゃいました(o^^o)てへ。