嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「不安」は、逃げたり戦うものではありません。

   

 

こんにちは。とっとです。

週末は、仕事の休みもなくバタバタと忙しく…(n´Д`)

 

いやいや、おかげさまでとても充実した日々でした。

仕事があってありがとう(●´∀`)ノ

 

さて、先日とても良いコメントを頂いたので、その紹介をさせていただくと共に、今回も「不安」について書いて見ようと思います。

 

「不安」が襲ってくると・・・。

 

「パニック障害」を抱えている方は、みなさん経験があるのではないかと思いますが、以前の嫁さんは「不安」な場面や場所から、徹底的に逃げていました。

 

不安から逃げる
↑もう条件反射的に逃げていました。

 

そして、それでも逃げられずに「不安」が来たときには、一生懸命に「不安」と戦ってやっつけようとしていました。

 

不安と戦う
↑腰が引けつつも、必死に不安と戦ってました!

 

しかし、カウンセリングを受けたり、本を読んだりといろいろと試行錯誤のなかで、「不安と向き合い、受け入れる。」ことの大切さを学びました。

 

以下に、ブログに頂いたコメントを紹介します。

かっかさん、症状をうまくあやせるようになったんですね、すごいな(>_<)
 
私はまだガムを噛んだりスマホをみたり
気を紛らわせることをしてしまいます。

カウンセラーには気を紛らわせることをなくしていくのが、これからの課題だと言われてるんですが…。
一年、半年かけて気を紛らわせることを減らしていくことが、私の来年の課題です。

一昨日は夕方に娘を耳鼻科に連れて行かなくてはいけかなくて、暗いし怖いしでも行かなきゃ…で、思い切って行ってみたらやっぱり発作が起きて。
気をまぎらわせることをしてもダメで、思い切ってなにもかもやめて目を閉じて不安を感じてみたんです。

そしたら不安や焦りがすーっとおさまっていったんです!

今まで症状から逃げたら余計に不安になることはわかってはいても、つい逃げてたんですが、追い詰められてようやく不安と向き合えました。

残念ながらそんな体験をしても、翌日からはまた症状から気をそらしたり、逃げたりしちゃうんですが、その日の体験は軽いパッカーンみたいな出来事でした。

ちょっとずつ不安や症状と向き合う力がついてきたのかな~と嬉しい体験でした(^^)

 

じんちょすさん。
ありがとうございます(^-^)

 

そうなんですね。

「不安」を感じた時、そこから逃げるのではなく、「向き合う」が大切なんです。

そして、向き合うとは戦うことではなく、「受け入れる・味方につける」ということなんですね。

 

「不安」は、強力な味方です!!

 

人によって場面や頻度は違いますが、「不安」は誰でも感じます。

でもそれは、ベストな状態で動けるように、体が準備をしてくれているからなんです。

 

ですから、

「不安を感じたらダメだ。」ではなくて、

「不安を感じてもいい。」んです。

 

もし、「不安」に襲われたとき、心臓がドキドキしているのも、呼吸が速くなるのも、体が最大限の力を発揮できるように、脳がしっかり準備をしてくれています。

 

重要なので、もう一度言います(笑)

「不安」を感じることで、体は最高のパフォーマンスを発揮できるようになります。

そう、体は準備万端なのです!!

 

あとはほんのちょっとの「勇気」だけで、目の前の状況を乗り越えれるはずです!!

 

さて、僕も自分の「不安」と向き合ってみますよ(^-^)

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - パニック障害

コメント

  1. じんちょす より:

    とっとさん、コメントを取り上げてもらえて嬉しいです!

    今日はスーパーの特売日!
    朝の八時半からそわそわ不安があって
    二時間たっても行けない…(>_<)
    でも買い物できなくてもいい、
    途中まで行けたらいいや、と思って
    今から自転車で行ってみます!

    あの軽いパッカーンがあってから
    不安と向き合う覚悟がないと
    どんなに薬を飲んでも不安が晴れないってことに気付きました。
    だって今日も頓服飲みましたが効いた感じがしません。
    私が不安から逃げたり戦ったり、不安を消そう消そうとしてるからですね。
    なので!不安を連れて行ってきます!

    • とっと より:

      じんちょすさん。
      こちらこそ、いつもコメントありがとうございますm(_ _)m

      チャレンジは、どうでしたか?

      今まで戦ってきた相手と、仲良くなるって難しいですよね(^_^;)

      そうですね、不安も「一緒に来る?」って、連れて歩く気もちがいいですね。

      また、結果を教えて下さい(^_^)/

      • じんちょす より:

        スーパー行けました!
        道中、現実感がない感じや少し不安にもなりましたが、スーパーへ着いたら買い物で頭がいっぱいて、レジ待ちも大丈夫でした。
        行動練習で大事なのは結果より実践したことだと前に言われていたのを思い出しました。
        目的地について目的を果たせなくてもいい、途中まででもいいから行ってみよう~とあまり自分にプレッシャーをかけないで行く方がいいのかなーって。
        翌日は体調が悪くて行動練習もなかなか行けず、外出しなきゃって一日中焦ってて、夕方ぐらいにようやく、今日、体調悪いわ~って気付いてそこからは気が楽になれました。
        ~しなきゃ、しなければも少しずつ減らして早く気付けるようになりたいです。

        • とっと より:

          じんちょすさん。

          スーパーに無事に行けて良かったです!!そして、何より、「目的を果たせなくても、やってみよう」とチャレンジできたのが素晴らしいです!

          次の日、体調が悪いわ〜って、気を楽にして、自分を責ないのも良いですね。

          本当に、ゆっくり、ゆっくり。
          ですね(^_^)

  2. あちゃこ より:

    とっとさん、初めてコメントさせて頂きます。

    15年くらいパニック障害で、ここ半年ちょいでだいぶ減薬できて頓服もほぼ飲まずに過ごせていた矢先、最近眠れないくらいの症状が出て、もがいた結果(笑)こちらのブログにたどり着き、過去の記事から読ませていただいています。

    セカンドオピニオンも考えているのですが、とっとさんの記事を読み、イラストに癒され、かっかさんの行動に励まされ、病院だけに頼るのではなく根本的に自分の気持ちを変える訓練の大切さにやっとやっと気付くことが出来ました。

    今や心の支えに・・。

    私もいままで不安から逃げまくってました。これからはちゃんと向き合ってあげようと思います!

    • とっと より:

      あちゃこさん。
      はじめまして。

      コメント、
      ありがとうございますm(_ _)m

      このブログが、あちゃこさんと出逢えて良かったです!!

      そうですね、薬やお医者さんばかりに頼らずに、自分の中にもパニックを克服できる力は、すでに持ってると信じて下さい!!

      「向き合う」って、なんでも勇気が必要ですよね。

      焦らずに、自分のペースでチャレンジしてみて下さい。

      夫婦で応援してますよ(^_^)/

  3. ゆかゆか より:

    こんにちは!はじめてメールさせていただきます!他のブログとは違い楽しく拝見させていただいています。私もよくなったり、寒くなると眠れなくなったり、動悸が激しくなったり、そのたびに落ち込んでしまいます。かっかさんも不眠などもありましたか?私も最近糖質制限を始めました。でもあまり改善された感じがしません💦かっかさんはどのような点がどのくらいの期間で改善されましたか?質問ばかりですみません。

    • とっと より:

      ゆかゆかさん。
      はじめまして。

      コメント、ありがとうございます!!

      さっそくですが、嫁さんは、夜になると動悸がして寝れなくなるのは、今でもたまにありますよ。

      ただ、以前と違うのは、「あ~ちょっと、ドキドキして寝れないな~。」くらいに考えて、問題視しなくなったことですね(^-^)

      そしたら、しばらくして治まるようです。

      糖質制限は、始める前は、夕方にお腹が空くと動悸がしたり、手に汗をかいたりいていましたが、「プチ糖質制限」を始めて3ヶ月くらいでそれがなくなりました。

      今では、夫婦で「スーパー糖質制限」ですが、空腹時に動機、息切れ、めまい、発汗などをすることがなくなりました。

      即効性は感じられないので、体の変化に気がつきにくいと思いますが、無理しない範囲でゆっくりと続けることをお勧めします(^-^)

  4. ゆかゆか より:

    ゆかゆかです。質問についてのお返事ありがとうございました!やはり早く結果を求めず、ゆっくり過ごすのがよいのですよね。ついつい早く早くと結果ばかり求めてしまいます。悪くなったことばかりに目がいってしまうというか(T_T)
    とっとさんがたくさん本を読んだり、食事制限も協力したり、かっかさんは本当に心強いと思います(^_^)
    やはりこの症状の辛いところって人に分かってもらえない事もあるのですよね。私も不安やパニックさようなら、の本買いました!かっかさんはどのように実践されたか、おひまな時でもブログなどに載せて頂けたら嬉しいです^ – ^

    • とっと より:

      ゆかゆかさん。

      そうですね、結果を焦らずに、休みながらでも、ゆっくり続けることが大切ですよ(^_^)/

      はい、認知行動療法の実践の仕方は、近いうちにブログに書きますね。
      待ってて下さい(^_^)

  5. よーこ より:

    とっとさん。
    娘の結婚式で13〜15日でグアムに行ってきました。
    成田から飛行機に乗り込む時、とても怖かったです。
    タラップから機内へ入る一歩がどれほど遠く感じたことか。。
    ものすごいバクバクでした。
    でも大丈夫でした。
    CAさんにも「私はパニック障害です。もしもの時には力を貸してください。」とお願いしました。
    軽いドキドキや頭痛はあったけど、無事に飛行機に乗ることができました。

    娘の結婚式はとっても素敵でした☆
    母としてとっても幸せです。

    飛行機に乗ることなんてないと思っていました。
    ましてや海外に行くことなんて一生ないと思っていました。
    グアムは想像をはるかに越える、素敵なところでした!
    娘に感謝しています。

    『不安を味方にする』『不安と仲良くする』って大事ですね。
    不安がきたら『どうしよう…』ではなく、『いいよ!おいで〜。一緒にいよう!』と思えるようになりました(*^^*)

    • とっと より:

      よーこさん。
      おめでとうございます!!

      とても嬉しい報告に、涙が出ました(TдT)

      僕達夫婦も、勇気をもらいました。
      ありがとうございます!!