嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

シンプルに生きる。モノだけでなく、情報もやることも減らす暮らし。

   

 

こんにちは。とっとです。

数年前から、我が家ではシンプルに生活することを心がけているのですが、ちょうど、それにまつわる本を読んだり、コメントを頂いたので、その紹介と思うことを書いてみます。

 

「シンプルに生きる」(ドミニック・ローホー著)

シンプルに生きる

この本は、フランスをはじめヨーロッパ全土でベストセラーになり、日本でも30万部を超えるヒットになったそうなので、ご存知の方も多いと思います。

 

著者は、若い頃にサンフランシスコ近くで出会った「禅庭」に魅せられ、その美の源を知りたいという強烈な願望に駆られて日本に訪れたそうです。

そして、日本に暮らし始めて26年(本の執筆当時)、その中から学んだ「シンプルな生き方」について書かれた本です。

著者が、女性に向けて書いた本なので、女性の方が読みやすく受け入れやすい内容だと思います。

 

「怠ける」という喜び

 

あらためて、シンプルに生活することの大切さを感じながら本を読んでいたのですが、その中でもなるほどなぁと思ったのは以下の言葉です。

怠けるという喜び

怠けるということは、一種の贅沢です。

天からの贈り物として受け入れ、味わうべきです。

ちょっとしたご褒美という感じで。

(中略)

実に多くの人が受身の情熱にかられています。

自分から逃げ出そうとしているのです。

現実から逃げ出さず、ちょっと立ち止まって、自分自身のことをよく考える時間を持つことは、とても大切なことです。

 

僕も嫁さんも、「休む」とか「怠ける」とか、しんどくてもなかなか出来ませんでした。

そして、たまに怠けると「自分ってダメだ」って罪悪感がばかりでて、休んでいるようでも心の底から休めなかったり…。

 

そうそう気をつけなきゃ、と思いながら本を読んでいたら、このブログを読んでくださってる方から、ちょうど同じような内容のコメントを頂いたので紹介します!

 

まずは、とまとさんのコメントです。

パニック障害の克服の為にいろんな事やりました。

とっとさん達が実行されてる、運動や糖質制限もやりましたよ!

あと、、、私が楽になった方法は

自分が嫌だと思った事、人から距離を置きました。
仕事も辞めたけど、何とかなるもんですね!

それと、思いきってサボる!怠ける!時々頑張る、、、笑

ぜっーーーたいにパニック障害は、良くなります!
今は先の見えないトンネルでも、絶対に大丈夫!!これは、言い切れる!!

あ〜何か熱くなってしまった

とまとさん、熱いコメントありがとうございます(^-^)

 

続いて、じんちょすさんのコメントです。

(中略)

事務職ずっとやってましたが、
むいてなかったんだな~と改めて思います。

できないのに出来るふりをしようとするから
200%で頑張って、
それでもやっと普通の人レベルで。

それはしんどいし、
2年で強制終了かかっちゃうのも
今ではわかる気がします。

今は小さなやりたいことを積み重ねてっています。

小さなやりたいことに気づけずに、
大きなやりたいことは見つからないよって教えてもらって

何もしたくないことがやりたいことなら
それをやる勇気。今、挑戦中です。

じんちょすさん、いつもありがとうざいます(^-^)

 

ちょうど、お二人のコメントにも「怠ける」と「なにもしない」のキーワードがあって驚きました!!

 

モノだけでなく、情報もやるべきことも減らす

 

シンプルに生きるというと、「断捨離」などのモノを少なく整理することがパッと思いつきますが、僕はそれと同じくらい「情報」や「やるべきこと」を少なくすることが大切だと思います。

 

今の世の中は、「モノ」や「情報」が圧倒的に増え、昔に比べて便利になったはずなのに、「やらなきゃいけないこと」も増え、なぜか心の安らぎが減っている気がします。

 

最初は勇気がいりますが、「モノ」だけでなく、あちこちから入ってくる「情報」や「やるべきこと」を減らすことで、心にもゆとりができるのだと思います。

 

そして、心のゆとりこそが、本当の「贅沢」であり「幸せ」なのでしょうね。

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 『心』について,