嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「糖質制限で太った!」という嫁さんと口論した結果・・・。

   

 

おはようございます。とっとです。

今回は、もうタイトル通りなのですが、「糖質制限」で夫婦でモメた話です。

何かの参考になれば幸いです…(;^_^A

 

嫁さん暴れる!!

 

『あ~仕事で嫌なことは、このお肉の計量なのよね〜。なんで、お肉専用のはかりがないのかしら』

糖質制限01

↑お肉を持って体重計に乗り、あとから自分の体重を引く、という嫁さんにとっては最も嫌な行為のひとつ。

 

『・・・・ん?』

 

『・・・・ん?』

 

『なんじゃ-!!??』

panya02

↑このあと、5回量るも同じ数値…(´Д`;)

 

そして、その夜・・・。

 

『ちょっと、とっと君、聞いてくれる!!』

『な、なに?』

もう、興奮して鼻の穴が広がってる時点で、話の想像がつくんですけど…(;´д`)

 

『あのね、私って糖質制限してるじゃん。』

『そうだね。で、太ったの?』

 

『そう!!なんで分かったの!?もうビックリよ!!糖質制限って太らないって言ってたのに、とっと君、ウソつきじゃん!!ひどい!!ひどい!!』

うーーー(;′゚∀゚`)

嫌な予感が的中。

 

糖質制限をしてても体重が増えることもあります!

 

糖質制限をやってるというと、「え?ダイエット?」と聞かれるほど、「糖質制限=ダイエット」というイメージが定着しつつあるのだと思います。

確かに、太る一番の原因である「糖質」をひかえるのですから、他のダイエットに比べると効果が出やすいと思います。

 

しかし、嫁さんの場合は、今年にはいってスポーツジムに通い始めました。

ヨガとエアロビのクラスを受講して、さらに筋トレもしています。

そこに、肉や魚をたくさん食べる食生活をしているので、筋肉がつくのは当たり前です。

 

ですから、「太った」というよりも、しっかりと筋肉がついたので、そのぶん体重も増えたという感じです。

 

体重計の数値だけを判断しない

 

嫁さんは、体重計の数字だけをみて、「太った」「やせた」といいます。

でも、大切なことは数字だけみて一喜一憂するよりも、健康的な見た目のバランスだと思います。

 

同じ体重でも、筋肉質の人と脂肪が中心の人では、見た目が違います。

現に嫁さんも、体重は増えたかもしれませんが、全体的に引き締まっているので、「ぽっちゃり」とした体系が「シュッ」として見えます。

 

さらに僕の好みをいえば、女性は「ぽっちゃり」っとしているほうが可愛らしくて魅力があるのですが、どうもそれじゃダメみたいですね・・・。

 

『筋肉質な女性も、ぽっちゃりした女性も、魅力的だと思うけどな~。』

『もう、とっと君の好みなんて聞いてない!!』

 

『じゃ、だれの好みなんだよ!!』

 

『私は井川遥になりたいの!!』

 

『・・・・・。』

 

おやすみ。もう、遅いから寝よ。

グッナイ(*・ω・)b

夢で逢えたら、話の続きをしましょう。

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 糖質制限