嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「糖質制限」も「薬」も、自分で自分の体と対話する

   

 

その後、何回か夢を見ましたが、いっこうに嫁さんとは逢えないとっとです(笑)

前回の記事⇒「糖質制限で太った!」という嫁さんと口論した結果・・・。

さて、我が家では糖質制限に取り組んで、かれこれ2年くらい経つのですが、その間、スーパー糖質制限だったり、時には断食に近い糖質制限だったり、気が緩んだときには、もう糖質制限とは言えないくらいの「超」プチ糖質制限になったりと、あれこれさまよいながらここまで来ました。

今回は、そのことで思うことを書いてみます。

 

自分の体との対話が大切

ブランパン
↑最近、嫁さんはブランパン作りにはまっています。

 

オーツブラン ミックス
↑これがいいみたいです。

 

「糖質制限」を始めたときは、いったいどのくらいやったらいいのだろう?と悩みました。

これは、糖質制限だけではなく、「薬」もそうなのですが、心療内科で出される薬を「どのくらい飲めば効果があるの?」「他の人はどのくらい飲んでいるの?」などなど、特に嫁さんは、「どのくらいやったらいいのか?」という程度が分からずに、それが不安になったり悩みになったりしていました。

 

日本人は、みんな(平均)と比較して同じだったら安心したり、違っていると不安になる傾向があります。

ですから、一生懸命にネットで情報を得たりしていました。

 

しかし、実は、人の体はかなり個人差があります。

 

例えば、お酒でも、ビール1杯でダメな人もいれば、5杯飲んでも平気な人もいます。

ワインは大丈夫だけど、日本酒はダメ。という人もいます。

ちょっと飲んだだけで肝臓をやられる人もいれば、毎日毎日飲んでも平気な人もいたり。

 

また、筋トレにしても、同じメニューをしていても、筋肉のつく量が人によってかなり違います。

それは、遺伝的な要素もありますし、何を食べているかという要素もありますし、楽しみながらやるか、イヤイヤやるかという精神的な要素でも効果が違ってきます。

 

ですから、「薬」にしても「糖質制限」にしても、どのくらいが効果があるのか?というのは、人それぞれでかなり差があるのだと思います。

 

「他の人はどうしているのだろう?」というのは、とても気になると思いますが、あくまでも参考にしつつ、最終的には自分で自分の体と対話をしながら、続けていくことが大切なんだと思います。

 

楽しみながらやる

ブランビスケット
↑ブランビスケットやおからケーキも作ってます。

 

やはり、やるからには苦しみながらよりも、楽しみながらやるのが効果があります。

「糖質制限」が苦しい修行だと長続きしません。

 

「糖質は体に悪いから0(ゼロ)にしなきゃ」とか、「糖質を口にしたら失敗だから、また最初からやりなおし」とか、そういった思考の歪みを柔らかくする。

「糖質は、ご褒美だからたまにはオッケー」とか「最近、糖質食べ過ぎたから、今日から少し控えよう」など柔軟な取り組み方で。

料理と食事を楽しみながら取り組む。

 

自分の体のことを、自分が一番よく知ることは、大切なことだと思います。

ゆっくり時間をかけて、自分自身の体と対話を楽しんでいけたらと思います。

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 糖質制限

コメント

  1. かっか より:

    皆様、ご無沙汰しております。かっかでございます。。。

    相変わらず私をネタに楽しんでいるとっと君ですね〜。。。

    でも最近は、大好きなお料理もお菓子作りも楽しくなってきました。そのせいもあるのか?!娘までクックパッド先生に習い、お菓子や犬用お菓子まで作っております。。

    春休みということで、親がいない時間をどうにか楽しく過ごす方法を探しているようです。
    いろいろ思うところはありますが、まあ娘に任せ、何かあったら慰さめよーくらいに見守っています(時に見守るは苦しい(ーー;))

    これからもブログ&とっと君を宜しくお願い申し上げます(o^^o)

  2. らん より:

    こんばんは(^o^)/ブログの再開嬉しく思います!
    かっかさん、色々楽しんでいますね〜パンの膨らみもいい感じで美味しいそう!

    楽しんでやる、
    良い加減がなかなか難しいです(>_<)
    自分でも極端で歪んでるのがわかります。
    自分責めは幾分少なくはなりましたが行ったり来たりしてます汗

    かっかさん、今薬はどのくらい飲まれてるんでしょうか?
    毎日薬のみながらも行動し続けてるのか、薬は頓服程度にたまになのか、もう離れてるのか、
    個人差あるのは承知です(^_^;)が、
    私は医師と薬の疎通がうまくいかず、
    自分の適量が、なかなかわからず苦戦してます。

    • かっか より:

      らんさん。コメントありがとうございます。かっかです。

      今の私のお薬
      セパゾンという安定剤をいただいてます。だいたい3ヶ月おきに通院、、、薬がなくなる頃、、、内科もあるのでついでに行ったりもします。

      仕事、スポーツジムの時→半錠or一錠
      その他→服用なし

      って感じです。
      朝飲んだらそれ以降は飲んでないですね。

      あまり薬には重きを置いておりません(o^^o)
      どれくらいが丁度いいのかもわからないですよ。ただ、全く無し、、、に、出来ていないのはまだどこかに不安チャンが潜んでいるのでしょうね〜

      いつかバイバイ出来たらいいですね。

      こんな感じです♡

      • らん より:

        返信ありがとうございます!
        かっかさんとは、パニ歴も環境もなんとなく似てるため気になってました(^^)

        私も安定剤をパートのある日、お出かけ時の朝一錠を不定期で飲んでいて、通院は年3〜4回です。
        他、体調不良が強く出た時はたまに頓服薬を使ってます。
        時々、自律神経が不安定だったり仕事が忙しい時期には頓服薬が増え落ちこむこともあり、
        いっそ仕事を辞めたら薬も辞めれるか?などと考えてしまうこともありますが、
        今の仕事が好きなので薬を飲んででも続けたい気持ちが毎回勝ち、なんだかんだ6年強になります(^_^;)
        そんな思考の繰り返しですが、前には進んでるかなぁ〜〜

        春休みまだ続きますね。台所に立つ時間が増えますが、私も仕事と家事と自分の時間を楽しみながら過ごしますd(^_^o)
        かっかさんありがとう♡

        • かっか より:

          らんさん。好きな事はドンドンして下さいね。
          無理な時はパニックさんがシャシャリ出てきますから。。。少し休憩、、、でもやりたかったら無視してやりますよ!!

          私は、ほぼ発作というものはありませんが、先日夜中に久しぶりに激しいドキドキに襲われました。
          でも、慌てることなく呼吸法して、いつか去る!!と苦笑いしてたら治りました。
          以前なら、その後、倦怠感や寒気、逆にほてり、、などの症状が出ていましたが、今は出ないみたいです。
          「またかー癖が出たな」とか思っていると寝てました(o^^o)

          全く症状がないわけではありませんが、それに右往左往する事も無くなりました。。。

          たくましくなったのかな?!

  3. まさる より:

    かっかさん こんにちは!呼吸法凄いですね。うちの主治医も一日一回でもいいから呼吸法練習を続ける事と言われてます。忙しかった等理由にならないとも言われてます。呼吸法は大事ですね、かっかさんたくましいてすよ!

    • かっか より:

      まさるさん。コメントありがとうございます(^_^)vかっかです。

      たくましいですか〜嬉しいです!!
      確かに小さなことにビクビクぐずぐず言わなくなった気がします(o^^o)

      えへへ〜🌸

  4. みき より:

    ブログ再開、嬉しいです。
    かっかさんは(井川遥)ですね。
    私は(上戸彩)です。
    我が家のとっとさんは呆れてますが、奥さんが井川遥や上戸彩になったら嬉しいでしょ。
    頑張りましょう!

    今日から4月。新しい職場に行ってきましたよ!今までよりちょっと稼ぎが増えるので、ますます上戸彩になれるよう、チカラと金を自分に注ぎます(笑)
    無理しないように楽しみながら、仕事に行こ~!と思ってます。

    • かっか より:

      みきさん。おはようございます(^_^)v
      かっかです。

      えっ???なぜ働くか?
      もちろん自分のため🌸
      パニック克服も、お金も自分のため。。。
      お互い楽しんで、
      上戸彩&井川遥になりましょう!!

      私も行ってきまーす🍞🍞🍞