嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「糖質制限」と「筋トレ」を頑張っていた嫁さんが、ちょっと立ち止まりました。

   

 

おはようございます。とっとです。

今回は最近の我が家の出来事と思ったことなどを軽く更新です(●´∀`)ノ

 

『とっと君、聞いてくれる?今日は仕事の帰りに、本屋さんで3冊も本を買ってきたよ!!』

『へー!!めずらしい。どうしたの?』

 

『私って、今までどっちかって言うと、知識30パーセント、あとは勢い80パーセントでやってきたじゃん。でもこれからは、もっといろいろな考え方が大切だと思うのよね~。』

wakatta02
えーー!!!、いまさら?(;´д`)
今までずっと言ってきたつもりなんですけど・・・。

いや、ってか、もっと気になるのが、
なぜ足して110パーセント( ゜Д゜;)!?

 

ひとつの見方だけにとらわれない

 
嫁さんは、今年に入ってから「糖質制限」と「筋トレ」をずっと頑張っているのですが、気をつけないとすぐに周りが見えなくなってしまいます(;´д`)

 

しかも、目的が「食事で健康的になる」ということよりも、「やせなきゃ」「やせねば」という焦りからくるダイエットに意識がいってしまうので、続けていると苦しくなってしまいます。

 

そんな時はちょっと立ち止まって、自分の「見方」を変えてみるって大切です。

 

見方を変えるのは、やっぱり読書が一番!!

book01↑今回、嫁さんの買ってきた本

「ココロでやせるダイエット」
(心屋仁之助 和田ゆみこ著)
「ジョコビッチの生まれ変わる食事」
(ノバク・ジョコビッチ著)
「ダイエットは運動1割、食事9割」
(森拓郎著)

 

僕も気をつけないと、一つの方法や考え方に固執してしまったり、周りが見えなくなることがあるので、いろいろな見方が大切だなぁと意識しています。

でも、自分だけで考えていても新しい違った見方は出てこないので、そんな時は読書が一番です!

 

それぞれ読んでみて、嫁さんが「ぱかーん」とひらめく事があれば、またブログに書くかもしれませんし、何も書かないかもしれません(笑)

 

大切なことは、ひとつの見方にとらわれない。しなやかな心でバランスよく見て、自分にあったやり方を見つけていくことでしょうね(^-^)

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 『体』について, 糖質制限