嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「若さ」と「才能」に嫉妬した結果、痛い目をみました!!

   

 

先日、くやしさのあまり酔っ払った勢いで「逆立ち」をやってみたら、みごとにひっくり返ってダイニングテーブルで足を強打!!

その後、3日間ほど、まともに歩けなかったとっとです…(T_T)

 

今回は、また酔った勢いで「もろもろの反省」も込めての更新です。

 

ひっくり返ったきっかけ

 

さて、僕は41歳にして、子供たちと一緒に格闘技を習い始めたのですが、気がつけばもう8ヶ月が経ちました!

まず、以前ブログで書きましたが、そもそも僕が格闘技を始めたのは、この本を読んだからです。

 

過去記事→『パニック障害に運動って効果ある?』

 

僕は、子供の頃からスポーツは大好きでしたし、去年から山登りも始めたので(といっても、里山ハイキング中心ですが)、「よし、脳が健康的になるには、格闘技もとてもいいなぁ」と思い、始めました。

 

そして、子供たちと一緒にやっている理由なのですが、「塾や勉強も大切だけど、それよりも体を動かすことで脳の発達を、ゴニョゴニョゴニョ。。。」などと、へ理屈をつけつつ本当の理由は、

 

「この歳になって、格闘技をひとりで習いに行くのが心細い」(n´Д`)

 

という、なんとも子供には正直にいえない理由を抱えながら、今日まで続けてきたのであります。

 

「若さ」と「才能」に嫉妬する

 

まぁ、しかし、20年近く激しい運動をしていなかった僕でさえも、さすがに8ヶ月も続けると、少しずつ体が動くようになるもので。

 

最近、ほんとに調子も良くって、なんと言いますか、小学生の頃に体験した「ジャッキーチェンの映画を見終わったあとの、肩で風を切って歩いて、誰でもいいからかかってこいや!」的な気分で過ごしておりました。

 

そして、そんな絶好調のなか、その格闘技の教室に、若い大学生3人組が入ってきたんですね。

 

で、その3人組は、見るからに「ボクたち、いままで格闘技なんて縁がなかったんですけど、強くなれるかもしれないから、ちょっとやってみようかな」という感じの雰囲気なので、

 

「うん、君たちもコツコツ続けてたらできるようになるよ!」(●´∀`)ノ

 

などと、上から目線で接していたのです。

 

が、ところが困ったことに、なんかもう2回目の練習では見事に追いつかれてしまい、イヤ、正直、客観的にみますと、もう完全に抜れてしまったようで、(;´д`)
 

しかも、その大学生たちは、運動神経もさることながら、社会人として必要な「腰の低さ」もすでに兼ね備えておりまして、

 

「いやいや、とっとさんも、ぜんっぜん41歳にはみえないッスよ!」とお世辞のひとつも交えながら、爽やかな笑顔で言われると、

 

もう、先輩風をビュービュー吹かせていた僕なんかよりも、人格的にもかなり上をいってる感じではありませんか(n´Д`)

 

そして僕は、「くやしい!絶対に負けてはならぬ」とあれこれ練習をしていた矢先にひっくり返った次第であります。

 

家族に言われた一言で我に返る

 

『くうう~』(TдT)
(のたうちまわり中)

 

『もう、とっと君!危ないしウルサイから、いいかげんに家の中で練習するのやめてくれる!?』

 

『むっむむ、だって、くやしいじゃん!!』

 

『は??なに言ってるの!?年齢だって、運動神経だって、すべてで負けてるんでしょ!もう勝てっこないから。それに自分でブログに「自分の山を登る」なんて書いときながら、全然できてないじゃん!!』

 

うーーー (n´Д`)
そこまでハッキリ言わなくても。
でも、くやしいけどその通り…。

 

で、その後、娘にも…。

 

『どうしたの?』

 

『イヤイヤ、格闘技のお兄ちゃん達に負けたくなくて、練習してたんだよ。』

 

『それで、ひっくり返ってテーブルで足うったの?』

 

『そ、そうだよ。なにか?』

 

『とっとって、やっぱり変だね~!!』 (笑)

 

うーーー (n´Д`)
娘にまで…
く、くやしいけどその通り・・・。

 

ええ、山に登ったら登ったで、すごい人がたくさんいるのに劣等感を感じ、格闘技を始めたら始めたで、才能や若さに嫉妬したりして。

 

あぁ、なんとか「自分の山を登る」ようにはなったけど、まだまだ、他人の山を眺めて比べている自分がいるなと、足の痛みを感じつつ反省です…。

 

「他人と自分を比べない」とはいいますが、いまの世の中は、人と比較されたり、競争しなきゃならない場面が本当に多いです。

 

ですから、他人と比べて、悔しい思いをしたり、羨んでしまうことだってあります。

 

そんな自分を認めつつ、時には挫折して座り込んだとしても、また立ち上がって「自分の山」を登り続けることが大切なんだと思います(^-^)

 

kids

ううう(TдT)
できた子ども達だ・・・。

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 『心』について, 家族

コメント

  1. らん より:

    とっとさん大丈夫ですか∑(゚Д゚)!
    お大事にしてくださいね。
    若い頃と変わらずまだまだ何でもできる気がするけど、
    確実に衰えてるのは確かです(^_^;)(同年代です笑)
    痛い結果だったでしょうが、今回のとっとさんは悪い意味での比較では無いような気もしますね♪
    向上心とも言えるのでは!!?
    私は情報を入れ過ぎてしまい、人が羨ましいと感じ落ち込むタイプなので、自分の山、心がけてますよ。

    お子さんたちとの習い事、お出かけ、存分に楽しんで下さいね♪
    我が家も遠出キャンプから近所の公園まで、後悔無いくらい楽しみましたよ♪
    今はもう思春期の頃。
    子供が部活などを始めると家族が揃う休日はなかなかなく、、
    あったとしても全く構われません、涙
    自分の体調が悪い時は子供が大きくて助かるって事もありますが、寂しいもんです〜〜

    かっかさん、お薬も離れたようで順調そうですね!
    私は今ちょっと不調ですが、焦らず行きますね(^o^)/

    • とっと より:

      らんさん
      コメントありがとうございます(^-^)

      足は、無事に回復しましたよ(笑)

      そうですね、どうしても他人と比べたり、過去の自分とも(若い頃は!などど)比べたり・・・。

      らんさんのコメントを読んで、ふっと思ったのですが、「自分の山」をゆっくり「降りる」というのも大切かなぁと感じました(^-^)

      山登りも、登るときは意気揚々ですが、下りはなんか「もう終わりかぁ」と寂しくなっちゃいます。

      本当は、「下り」や「帰り道」にも、楽しさがあるんですよね。

      子育ても、らんさんのように後悔がないくらい楽しもうと思います(^-^)

      かっかも、体調は絶好調ですが、梅雨から夏にかけては、やはり「不安感」もあるようです。

      はい、焦らずゆっくりですね(^-^)

  2. いぶちゃん より:

    とっとさん、大丈夫ですか?もうよくなられましたか?
    若い子に!ってわかる気がします(笑)それと、なんだかとっとさんのご家族がほっこり温かい様子がブログからも伝わってきました!!

    実は私もこないだ、娘に逆上がりやってと言われ久々にやってみたら、出来たけどまわった後クラクラしました(笑)ショック‼︎体力がかなり落ちてるのは自覚はしていましたが・元々身体を動かすことは好きなので本格的に?家周辺をウォーキングしようと思います!ざわざわするのが怖くてなかなか家周りしかできずですイライラしますが(ー ー;)苦笑

    ちなみに糖質制限まではいかないですが、とっとさんかっかさんのブログを見てから甘いもの等お砂糖を卒業中です!女性の周期前は甘い物が尋常じゃないくらい食べたくなるんです。それがくるとすっかり食べたく無くなるんですが・・気分の浮き沈みが多いのも、ちょうどこの周期なので、もしかしたら少し変わるかな?と!

    かっかさんはこの時期、気圧の変化等で体調等くずされてませんか?私は気圧や女性の周期にすごく振り回されてるような気がします・・関係ないのかなぁー
    毎日暑いのでみなさん体調気をつけて下さいねっヾ(๑╹◡╹)ノ”
    長々とすみませんでした。

    • とっと より:

      いぶちゃんさん
      コメントありがとうございます。
      はい、足の方は治りましたよ-(;^_^A

      なんでもそうですが、出来てたことが出来なくなるのは、ショックですよね。
      でも、自分責めをするでもなく、必死になるでもなく、できる範囲でチャレンジするのがいいんでしょうね。

      >かっかさんはこの時期、気圧の変化等で体調等くずされてませんか?私は気圧や女性の周期にすごく振り回されてるような気がします・・

      これは、かっかもありますよ!

      ですから、「あぁ今日は機嫌が悪そうだなぁ」とか、「なんかイライラしてるなぁ」という日は、お互いに気をつけています(笑)

      でも、「糖質」を控えてからは、以前に比べて、振り回される範囲が小さくなって来た感じです。

      薬も無理に断薬したのではなく、自然と。です。
      なので、この時期は、もし、しんどくなったら、気にせずに薬にも頼りますし、エアコンなどにもどんどん頼りながら過ごしてますよ(^-^)