嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

パニック障害は克服(?)したけれど、夏はやっぱり苦手です。

   

こんにちは。最近、アウトドアブログになっているとっとです。

今回は、「かっかさんの最近の様子はどうですかー?」とメールを頂いたので、嫁さんの最近の様子など書いてみます。

もちろん、今回も素敵な自然の写真と共にお送りしますよ(●´∀`)ノ

 

「日本一の清流」と言われる「穴吹川」に行ってきました。

01
↑「穴吹川」は、徳島県美馬市を流れる吉野川水系の河川で、日本一の清流と言われています。

四国の川と言えば、高知県の四万十川も有名ですが、徳島県の吉野川とその水系の「穴吹川」は本当におすすめです。

そういえば、子どもたちに「テーマパークとか、どっか連れてってー!」と言われていましたが、入場料だけで大人7000円とかだと、家族4人で大変なことになりますね(n´Д`)

でも、ここだと駐車料金1日500円で遊び放題です(笑)

 

さて、夏はやっぱり苦手です。

04

さて、春先からずっと体調が良かった嫁さんですが、最近のこの暑さで、体調がしんどい日もあり、安定剤を頓服として飲み始めました。

以前なら、「また薬を飲まなきゃいけないから、症状がぶりかえした。」とか「やっぱり私って、完治できなくてダメなんだ。」とか、だめだめオーラを出していたのですが、「まぁ、こんな暑い日はしんどいこともあるし、薬に頼ることも大切ね。」と、薬を飲むことへの抵抗感や罪悪感がなくなりました。

 

薬を完治のバロメーターにするのをやめる

02

「パニック障害を克服する」って必死になっていた時は、薬が自分の体調のバローメーターになっていたので、「薬を飲む=ダメな自分」「薬をやめる=良い自分」になっていました。

でも、大切なことは、「薬を飲む、飲まない」なんかじゃなく、「自分が楽に生活できること」です。

しんどい時には薬にも頼りながら、楽に生活できるようになったのは、とっても大きな進歩です。

 

疲れたときは「休む」ことも大事だけど、思いっきり「遊ぶ」ことも大事です。

03

実は、僕もこのところ仕事で暑さと激務が続いていて、精神的にも少々疲れてました・・・。

以前の僕はこんな時、横になって休む程度で、「こんな忙しいときに遊ぶなんてもってのほか!」などど、これまた必死になっていました。

 

しかし、以前の記事にも書きましたが、人には「遊び」がとても大切なんですね。

難しいことは何も考えず、子どものように思いっきり体を動かして遊ぶ。そして笑う。

思いっきり「遊ぶ」ことで、心も体もリフレッシュされます。

 

05

06

 

嫁さんが「日本の夏、キンチョーする夏!」と格言(?)を言っておりますが、本当に夏は症状が出やすく大変だと思います。

そんなときは、ムリをせず薬に頼ることも大切ですし、もちろんエアコンに頼ることも大切です。

 

そして、いつものことですが、苦しいときは「頑張る」よりも、楽しく「遊ぶ」ですね(●´∀`)ノ

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - パニック障害

コメント

  1. ひーちゃん より:

    とっとさん、かっかさん、こんにちは^ – ^

    ご無沙汰してます!
    連絡ないのは良い便りと言いますように、おかげさまで忙しく出来てます!2年前、私をパニックにさせた原因の一つでもある、義父の入院がここにきてまたやってきました。言い方悪いですかねσ(^_^;)

    でもでも、今回は旦那さんにも無理な事は無理って言えてるし、自分でも無理しなーいって思えてるし、何より、これまで学んできた心のあり方の実践の場が、やってきたな!試されてるな!なーんて思えてるんです。
    だから2年前とイライラ度も何で私ばっかり度も全然違います^ – ^

    それでも私も今年の暑さにはだいぶやられてて、緊張の夏を過ごしているんですが、しんどいときは家事も育児も超手抜き出来てます。
    エアコンもガンガンつけてます笑

    体調不良の波がやってきたらドキドキ、ソワソワ、ビクビクもしますが、それでも私は大丈夫!何とかなる!って手動で切り替えしてます。

    薬を飲むことへの抵抗が減ったり、楽を自分に許せてるかっかさんの気持ちが分かるような気がします^ – ^
    キンチョーの夏はまだしばらく続きそうですが、お互いに気楽にすごせますように♡

    • とっと より:

      ひーちゃんさん
      お久しぶりです!

      良い感じで日々を過ごせてるようで嬉しいです。
      「義父の入院」は大変だと思いますが、ひーちゃんさんが、背負い込まないのがいいですね(^-^)

      こんな事を言うと「不謹慎だ!」という人がいると思いますが、目の前に起る問題は、「実践の場」であって「試されてる」んだと、僕も思います。

      目の前にある「問題」や「壁」って、乗り越えなきゃいけないってルールを自分が思い込んでいるだけで、本当は、横を抜けてもいいし、穴を掘ってもいいし、誰かに背負ってもらってもいい。

      あれはダメ、これもダメ、じゃなくって、あんな方法がある!こんな抜け道もある!あ、裏技発見!!とかで、もうゲーム感覚でオッケーなんだと思います。

      そう言えば、先日、かっかに「人って、なんで生きてるの?」と子どものような質問をされました。

      でも、簡単に答えられないんですね(笑)

      人も自然の一部だと考えると、「生きてるだけ」で十分に目的を果たせてるのに、いろいろと難しいことを自分で背負い込んでしまうんでしょうね。

      僕たち夫婦も、もっともっと楽に、あれもこれもとできない自分を許しながら、過ごしていってます(^-^)

  2. あらこ より:

    はじめまして!いつもブログを拝見させていただいております。不安障害&パニック発作持ちの、あらこと申します。息子二人の母です。

    初めての発作から6年になりますが、先日久しぶりに発作を起こし、そこから辛~い日々を送りました(笑)

    今まで不安を薬でごまかし、病気と向き合わずに逃げていたのですが、とっとさんとかっかさんのブログのお陰で、しっかり病気と向き合って自分で治そう!と、前向きに考えられるようになりました。

    本当にありがとうございます。

    これからもブログ楽しみにしていますね!応援しています‼

    • とっと より:

      あらこさん
      はじめまして!

      ブログを読んでもらえて嬉しいです(^-^)
      男の子二人の子育て、本当に大変だと思います。

      >今まで不安を薬でごまかし、病気と向き合わずに逃げていたのですが、

      そうですね、薬に頼ることも必要ですが、「病気と向き合う」というのは、いつかは向き合わないといけない「人生の課題」なのじゃないかと思います。

      ですから、焦らずに、ゆっくりゆっくりですね。
      こちらそ応援しています!!

  3. えみこ より:

    とっとさん、はじめまして!最近自分がパニック障害だと気づいたえみこです。18歳での初発作以来、不安障害もあったのですが、自分の状態を認めることができませんでした。なんと三十年近く!ACでもありますので、心がぼろぼろです。救いを求めて、カウンセリング、自助グループ、ネットでの情報集めをしていたら、とっとさんの文章に出会いました。頑張りすぎないでいいんだよって、言われた気になりました。同じつらさを抱えた皆さんのコメントも心強いです。出会えて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。

    • とっと より:

      えみこさん
      はじめまして!

      このブログが、えみこさんと出会えて良かったです(^-^)

      そして、「同じつらさを抱えた皆さんのコメントも心強いです。」って、まさに僕たち夫婦にとっても同じです。

      ネットでも、パニック障害や不安障害などの情報は増えましたが、何に頼ったら良いか、何を信じたら良いか、分からなくなりますね。

      同じ悩み、同じ苦しみを抱えた方々のコメントが、とても参考になりますし、「よし、向き合ってみよう」と前向きな気持ちにさせてくれます。

      そうですね、パニック障害を抱えている方は、いままでたくさん頑張ってきたと思うので、これからは人生を楽に楽しんでいくことが、かえって回復に向けていくのだと思います。

      こちらこそ、コメントを頂くことで元気をもらえます。
      ありがとうございました(^-^)

  4. にこぷん より:

    とっとさん こんにちは。度々コメントさせてもらってます。夏本番ですね。
    夏休み中の子供と過ごす夏はキンチョーのれんぞくです。
    それでも毎日を楽しく過ごしたいから暑くても何とか車でお出かけしてみたり疲れたら家でダラダラすごしたり。何かしなきゃと思う衝動を抑えながら出来ることをマイペースにやっています。
    最近本屋で見つけたお気にいりの本
    ありがとうの神様 小林正観さん。私にとって必要なことばかりかかれていて心がスーッと軽くなるので何回も読み返しています。人生は楽に生きていいんだなぁーって思わせてくれます。
    ぜひパニック障害の方々にも読んでほしいなぁと思います。
    いつも ブログ楽しみにしてます。

    • とっと より:

      にこぷんさん
      ありがとうございます。

      我が家も子ども達に「ひまーひまー」と連呼されてますが、マイペースを保っています(笑)
      『ありがとうの神様』面白そうですね!さっそくアマゾンでポチっとしました。
      ゆっくりとエアコンの効いた部屋で読んでみます(^-^)

      素敵な本との出会いは、おおげさではなく人生を変えてくれますね。
      ええ、「人生は楽に楽しく生きていい」んだと思います。

  5. ココ より:

    とっとさん、かっかさん、こんにちわ^ ^

    薬の事…ハッ!と思いました。
    安定剤を飲むことに罪悪感があったり薬から抜けれなくなるのではないかという不安で、チョット辛くても我慢して飲まず、一日ヒィ〜ヒィ〜苦しみ、夜になって「今日は飲まずに済んだ(^_^;)」と自信を持ちたくとも身体はグッタリ(°_°)

    最近はパニックを受け入れるという事を忘れがちで、周りの人と同じようにできるんだ!と少し無理をしてしまったようで…

    薬をのんで子供と出かけたにもかかわらず急にのどが締め付けられ、息が出来ず、子供の手をしっかり握り、右往左往。怖くて怖くてどうすることもできず、娘を1時間近くウロウロさせ、車を置きっ放しにしタクシーで帰ってきてしまいました。
    その日からまた苦しい、不安、ソワソワ、の毎日です。そして落ち込み激しく(^_^;)
    薬を飲んでいただけに余計に落ち込み落ち込み…

    でもきっと身体からのサインだったんだろうと思います。

    薬をのんで自分が楽になり笑顔でいれるならば子供も幸せなはずですよね。

    とっとさんのブログを読んで、忘れていた事をハッ!と思い出すことができました。

    そして他の方のコメントを読んで、ひとりじゃない!と…少し気持ちが落ち着きます。

    かっかさん。早く涼しい秋になってほしいですね!パニック歴13年の私…正直死ぬまでこのままなのかと悲観的になる時もありますが…薬とうまく付き合ってがんばります。

    • とっと より:

      ココさん
      こんにちは(^-^)

      そうですね、以前は、かっかも全く同じで、薬を飲むことに罪悪感があり、頑張って飲まないようにして、結局、辛くて、しんどくて、落ち込む…でした。

      日々を楽しく楽に過ごすことが目的なので、「薬を飲む飲まない」は問題ではないですし、もっと大きく見れば、「パニック障害を完治したか完治してないか」も問題ではないんですね。

      そして、パニック歴13年でも、まったく悲観的になる必要はありません。

      このブログに書いてることや、他の方のコメントを読んで、「ああ、そうか!そうだ!そうだ!」と感じるならば、必ず体調は良い方向に向かうと僕は信じています!!

      辛さをたくさん味わった人ほど、乗り越えた時の幸福感は大きいので、かけた時間と同じだけ分の充実感を味わえると思います。

      焦らずに、ゆっくり楽に楽しみながら、心と体に向き合っていきましょう(^-^)

  6. いぶちゃん より:

    こんばんは。
    今日は本当に暑くて、私の地域は38度。その数字を見てなんだか余計にぐったりテンション下がりました・・とっとさんかっかさんは大丈夫ですか??
    頓服の安定剤。ざわざわなった時に飲むと良いお薬なんでしょうか?私は今は病院に行かず、自分でできることから変えて頑張っていますが、遠出や出かける時にざわざわがおさまるお薬があるのなら、それが効くとわかってお守りとしていれば、もっと出かけられるんじゃないか?と前々から思っていました^_^
    妊娠から産後の時は毎日の安定剤を飲むのが悲しくて怖くてたまりませんでしたが、今回は子供と出かけられるならざわざわなくなるなら飲みたいと思うように!でも病院まで行くのは考えてしまいます;_;1人じゃ行けないしなぁとか。
    色んな情報があって難しいです!
    あー、とにかく出かけたい!!笑 子供と!海でシュノーケリングやりたーい!笑

    こないだのブログ、マイナスイオンたっぷりで癒されましたー‼︎ありがとうございますヾ(๑╹◡╹)ノ”息子さんのくまさんにはほっこり♡可愛いですね(^_-)

    • とっと より:

      いぶちゃんさん
      コメントありがとうございます。

      そうですね、僕も嫁さんもこの暑さは、グッタリですよ(;´д`)
      いつも元気なサニーも散歩でグッタリしてるので、朝5時とか早朝に散歩して、あとは、できるだけ無理しないようにしています。

      かっかは、安定剤は、必要なときは、もうまったく気にしないで飲んでいますよ。

      誰でも、「頭が痛い時には、頭痛薬を飲む」「熱があるときには、解熱剤を飲む」というような感覚です。

      頭が痛いのに、「薬はダメだ!」って頑張るよりも、薬の力をかりて楽に過ごせるほうがいいと思います。

      それに、薬をもっていることで、お守りになるのでしたら、それも大切だと思います(^-^)

      そう言えば、僕は慣れた山に行くときだけじゃなく、近所の里山散歩でも、必ずファーストエイドキットを持っていきます。

      それは使わなくてすむならそれでいいし、やはり持ってないと不安なので、お守り代わりにリュックにいつも入れています。

      「不安を克服する為に、ファーストエイドキットを持っていかない」なんて、ありえないですし、もし何か起っても薬や救急道具に頼ってはダメだなんて思いません。

      それと同じ考え方でいいのではないでしょうか?

      海でシュノーケリング!最高じゃないですか!!
      ぜひ、薬の力を借りてでも、チャレンジしてみてください(^-^)

      • いぶちゃん より:

        とっとさんありがとうございます!
        なんだかすごく前を向かせてもらって嬉しいです(^o^)

        ファーストエイドキット!お恥ずかしながら知らずだったので調べてみました(笑)たくさんあるのですね!とっとさんの考え方で私もちょっとずつ行動していきます!!
        もう一回とっとさんのブログ最初から読んでみようと思いました!

        私はなぜか昔から薬に抵抗があり、頭が痛かろうがお腹が痛かろうが飲まないで我慢していて(;^_^A親が薬嫌いだからかも。出産も緊急帝王切開だったんですが、産後の術後の痛みも痛み止めを拒否し看護婦さんに、そんな人今までいなかったよと言われた始末苦笑 もし予期不安などのザワザワがおさまるお薬や対策に出会えたら、今の私には嬉しいです(^_-)

  7. カカオ豆 より:

    こんにちは。

    今の私にぴったりな記事で驚きました。
    私は、安定剤を毎日飲んでいて、それなりに暮らしています。老人のような暮らしです。

    でも、最近、薬を減らさなきゃという、焦り?みたいなものが出てきてしまって。薬を飲まなければ、もっとよくなるかも?と思ってみたり。

    少し、減らしてみたら、まだはやかったようです。(医師に減らしたら?といわれましたし。)体調悪化。

    ガーンと、落ち込んでいたところに、こちらのブログにお邪魔して、心が軽くなりました。まだ、飲んでてもいっか!と思い、焦らず毎日を、楽しく愉快に過ごそうと思えました。

    薬に罪悪感いっぱいになってました。

    ありがとうございました。
    暑い夏、みなさん楽しくすごせますように!

    • とっと より:

      カカオ豆さん
      こんにちは(^-^)

      そうですね、「薬は飲んではいけない」「減らさなきゃ」「減らすと良くなるかも」と考える方は多いと思います。
      かっかもさんざん薬で悩みましたし、僕も相談されて「どうしたらいいんだろう?」って悩みました。
      きっと、パニックや不安障害と薬で考えると、分かりにくいのでしょうね。

      「日々を楽しく過ごす」ことが、症状の回復につながるので、必要でしたら薬を飲んで楽に過ごせるほうがいいと思いますよ。

      ええ、暑い夏ですが、楽しく過ごしましょう(^-^)