嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

家族で北アルプス(槍ヶ岳)に行ってきました。(2/2)

   

 

いつもありがとうございます。とっとです。

さて、前回の続きで、家族で北アルプス(槍ヶ岳)に行ってきた様子をお伝えします。

写真多め+長いですが、よかったらどうぞ(●´∀`)ノ

 

2日目・小梨平キャンプ場を出発!

 

激しい雨が降る中、テントでぐっすり眠った翌日は、雨が少し弱まりました。予報では、明日か明後日には天気が回復するようです。

『さぁ、出発するよ!!』

04-5

↑雨の中、みんな気合い十分です!!

 

天気や日程を考えて、我が家のテントはベースキャンプとして、そのままで出発することにしました。

さて、次の目的地である「槍沢ロッジ」までは約6時間くらいの予定です。

 

『かっか~。雨、やんできたね!』

『そうね!』

05

↑途中で休憩しながらお昼ご飯。

おなじみのソイジョイをみんなで食べてます(笑)

 

『わー!川がすごいね!』

09

↑連日の雨で、滝のようになってます。

 

『かっかー。長い橋があるけど、大丈夫?』

『うん、大丈夫!』

08

↑以前は、近所の陸橋を渡れずに泣いていた嫁さんですが、無事にスイスイと渡りました。

 

『ファイトー!!』

10

↑終始、子ども達が励ましてくれます(笑)

 

『やったー山小屋に到着だー!』

11

↑2日目の宿泊地「槍沢ロッジ」に到着。

結局、2日目の移動時間は6時間(休憩含む)。のんびりハイキングのような行程でした。

 

『わーい、2段ベッドだー!』

13

↑施設内はこんな感じです。

普段は混雑する「槍沢ロッジ」ですが、天候のため宿泊客が少なかったようです。

おかげで、家族で個室のように利用することが出来ました。

 

3日目・槍沢ロッジを出発!

早朝4時に起床。眠りながら準備をする子ども達。疲れた様子はなさそうです。

14

↑そして、朝5時に「槍沢ロッジ」を出発。

 

15

↑ヘッドライトの光を頼りに、ゆっくりと登っていきます。

 

『ファイトー!!』

『おー!!』

16

↑今のところ元気な子ども達。「なんで山なんか登るの?」という質問が出なくなったのは、なかなかいい傾向です(笑)

 

『ねーちゃん、その石、気をつけて!』

『うん、わかった。かっかー!石に気をつけて!』

『はい、了解!!』

17

↑みんなで連携して声かけです。

 

少しガスがとれて来ました!

18

頂上までもうひとふん張り。

19

↑天気が良ければ、槍ヶ岳の姿が見えるのですが、ガスでまったくみえません。

 

下山ですれ違う人に話を聞きますが、「槍はガスでまったく見えなかった。くやしー!」とのこと。

たぶん、このままガスで視界が悪いだろうなぁとあきらめかけていた時、なんとガスが少し晴れて視界が開けてきました!

 

『とっとー!!槍が見えるよー!!』

『おー!!見えてるよ!!』

20

 

そして、登ること約6時間。ようやく『槍ヶ岳山荘』(3,080m)に到着です!!

 

『クマ君もよく頑張ったね。』

23

↑うん、よく頑張った!!

今回も、「クマ君は、ぜったい連れて行くんだ!」ってきかなかった息子です。

小学校三年生でぬいぐるみって、どうなのかと思いますが、実は僕も小学校二年生の時まで、寝る時は犬のぬいぐるみを枕元に置いていました・・・(;^_^A

 

たしかに、人は何かに頼ることで強くなれることって、あるんだと思います。

 

登っている途中、「お父さん、子ども達を連れて槍ヶ岳なんてすごいなぁ!」と声をかけてもらいましたが、今の僕にとっては、家族の存在があるからこそ、ここまで登ってくることが出来ました。

 

ふっと周りを見渡すと、嫁さんと娘の姿が見えなかったので、こっそり槍ヶ岳山荘の中をのぞいてみると・・・。

娘に「よく頑張ったね」と言われ、泣いている嫁さんがいました。

 

22

24

25

 

難しい判断・・・。

 

しばらく「槍ヶ岳山荘」で休憩して、槍の穂先をみるともうガスがかかって見えなくなってしまいました。

槍ヶ岳の頂上までは、標高差ではあと100mほど。しかし、ここから穂先までが一番難所です。

 

『うわー!すごい所を登ってるよ!』

21

『あと、ちょっと。どうするか・・・。』

『ここまで来たら頂上に登りたい!』

 

しかし、家族の体力や下山の時間を考えると、頂上に登っている余裕はありません。

僕の役割は、目標達成(登頂)よりも「必ず家族を無事に連れて帰る」こと。

 

『残念だけど、ここで下山しよう。』

『・・・。とっと君がそう判断するなら、わかったわ!また、いつか再チャレンジするよ!!』

『うん。ありがとう!』

 

そうと決まればすぐに下山の準備をして、いままで登って来た道を戻ります。

26

↑本当は、みんな最後まで登りたかっただろうに。

でも、ひょっとしたら一番悔やんでいたのは僕かもしれません。

 

4日目・槍沢ロッジから小梨平キャンプ場に戻る。

 

27

↑しっかり帰りを待っててくれた、マイホーム。やはり戻ってくると、ホッとします。

 

そして、最終日の上高地の空は・・・。

p9251245

28

p9251263

 

 

『とっとー!本当に楽しい山登りだったね!』

29

『うん、そうだね。また来よう。』

 

去年、燕岳に登った時、子ども達が「あの山に登りたい」と指差したのが、「槍ヶ岳」でした。

その時は、家族を連れて燕岳に登るのが精一杯だった僕が、本当に「槍ヶ岳」に登れるだろうかと不安の方がとても大きかったです。

 

でも、ここまで来ることが出来たのは、周りの方々の応援や支えがあったからです。

そして、ブログを通して応援して下さった方々にも、本当に感謝です。

ありがとうございました!!

これからも、楽しんでチャレンジしていきます(^-^)

 


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 家族

コメント

  1. てるてるぼーず より:

    おはようございます。
    家族で山登り、かっかさんいろんな感情があったと思います。けど行動し続けるかっかさんはやっぱりパニック代表ですね。
    自立は自分の考えを行動できる人 と以前読んだ本を思い出しました。
    山頂まで後少し、本当に残念だったと思います。けどいつかまたとっとさん家族はチャレンジしてブログに報告してくれるんじゃないかなって勝手に思ってます。
    子ども達も素敵ですね。かっかさん(とっとさん)の子育てが上手だから思いやりがあるんだと思いました。子ども達が登場する時は毎回、心がほっこりします。 
    今回のブログを読んで、まだ先の話しなんですが子どもの習い事の関係で自宅から車で六時間離れた距離を移動しなければならなくて行くのも不安だし行ってからも団体行動になるので不安なんですが、何もやらずにアレコレ考えて不安になるより、やってみてアレコレ不安になってみようと思います。
    駄目でも、これも治る一過程にすぎないって思えるように流れに身を任せてみます。
    とっとさんブログありがとう!

    • とっと より:

      てるてるぼーずさん。
      コメントありがとうございます!

      山頂に立てなくて残念でしたが、僕が一番悔やんでいて、家族は帰ってからもケロっとしてる感じです(笑)
      「また、登りたいね。」と言ってくれているので、ぜひ、またチャレンジします(^-^)

      てるてるぼーずさんも、こんどチャレンジがあるんですね。
      車での移動や団体行動って、大変だと思います。

      嫁さんも、今回の山登りと同じくらい、車の移動や子どもの学校の行事などなど、大きな山でした。

      「何もやらずにアレコレ考えて不安になるより、やってみてアレコレ不安になってみようと思います。」
      とっても良いことだと思います。

      てるてるぼーずさんにとっての大きな「山」。
      勇気を持ってチャレンジしてみてください。
      応援してますよ!!

  2. いぶちゃん より:

    とっとさんかっかさんおはようございます(^-^)

    おかえりなさい(^-^)

    なんだろう。ブログを読み終えたら涙がポロポロ流れてました!うまく言えない感情になりました!娘さんの頑張ったね。あたりに涙腺崩壊しました。
    娘さん、息子さん、もちろんとっとさんが何度もかっかさんを想う言葉に、家族の愛を感じました。家族の絆も。本当に素敵です。
    ありがとうございました(^-^)

    息子さんのくまさん相変わらず可愛い♡

    私は明日娘の運動会です。
    ザワザワ星人よ、あらわれないでおくれ。笑

    • とっと より:

      いぶちゃんさん
      コメントありがとうございます!

      娘さんの運動会はどうでしたか?
      ザワザワ星人(笑)は、ほんとうにやっかいですよね。

      嫁さんも、子ども達の運動会や行事に出れなかったこともあります。
      でも以前は、「自分の病気のことで、子ども達に迷惑かけちゃいけない。」と我慢をしていましたが、いつからか、子ども達にも頼るようになりました。

      すると、嫁さんが弱音をはいたり頼ったりすることで、なんだか、子ども達も頼もしくなった気がします。

      困難にぶつかったとき、一人でなんとかしようとするんじゃなく、自分の弱さをさらけ出し、周りの人たちに頼ることで、絆が生まれるのかなと思います(^-^)

  3. 花火 より:

    とっとさん、かっかさんこんにちは。無事に登山できたようで良かったです。ウルウルしながらブログ読みました。子供さん達の思いやりのある行動や声かけ素晴らしいです( ´ー`)

    パニックになってからというもの何か始める前に色々躊躇しちゃって結局動けなくて‥そんな事の繰り返しで自分自身うんざりしちゃうんですが、とっとさんのブログ読むとやっぱり行動するって大切だとつくづく感じます。私も頑張ろう(*´∀`)とっとさん、ありがとう。

    • とっと より:

      花火さん
      コメントありがとうございます!

      残念ながら、登頂こそは出来ませんでしたが、本当に登山を楽しむことができましたよ。
      ありがとうございます。

      ちょっと前の僕は「結果」ばかりを気にする性格でしたが、このブログを始めてから、結果よりも「行動すること」を大切にするようになりました。
      人って意外と変われるものですね(^-^)

      一歩進むときは勇気を持って。一歩下がったら笑顔でにっこり大笑い。
      花火さんも、自分の好きなこと、やりたいこと、ぜひチャレンジしてみて下さい。
      応援してますよ!!

  4. みき より:

    こんばんは。
    素敵な旅行ですね。
    綺麗な写真も癒されました。
    息子君の熊ちゃんもよかった!ぬいぐるみ君もペットと同じで話し相手になりますもんね。わかります。うん(^-^)/
    とっとさんのブログで泣かされた?のは2回目です。前パン屋さんの合格のブログです。あの時も嬉しかったなぁ…今回の旅行も嬉しい気持ちになりました。
    私もパニックになって5年目で、そして、かっかさんと同じように薬に重きを置かず、病気を受け入れ、やりたい事が出来るまでになりました。勝手に親近感を持ち、ブログにお邪魔しています。
    そして、今回は岐阜の高山に立ち寄ってもらえたなんて!嬉しいです!(岐阜県民なんで)

    槍ヶ岳、またチャレンジしてみて下さい‼
    山頂まで行けなかった事が今度からの楽しみですね。お楽しみは後で…ですね。

    • とっと より:

      みきさん
      コメントありがとうございます!

      こちらこそ、みきさんからもたくさんのコメントを頂き、夫婦で支えられてます。
      コメントから伝わる雰囲気で、嫁さんも勝手に親近感を持っています(笑)

      今回の旅も、以前みきさんが「下呂温泉、行って来ま~す。」とあったので、「このまま雨が止まないようなら、下呂温泉いいかも。」と話が出たくらいです(^-^)
      高山市も本当に素敵な場所で、楽しく観光させてもらいました。

      本当にそうですね。山登りは、登頂出来なかったからこそ、かえってお楽しみが増えた気がします。
      今度は、岐阜県の山にもチャレンジしてみたいです!!

  5. カカオ豆 より:

    お疲れさまでした。
    家族みんなで、登山なんて、とっても素敵で、憧れでなんだか目標です。

    ママに声をかける娘さん、優しいですね。
    ないちゃいますよね。
    ぬいぐるみの息子さんも、可愛いです。

    元気もらえました。ありがとうございます。

    • とっと より:

      カカオ豆さん
      コメントありがとうございます!

      我が家のぬいぐるみ息子…。
      親からみると、勉強もなかなか出来なくて、幼稚園も泣いてばっかり、スイミングも通わせましたが、まったく水につからず三ヶ月で挫折…。
      最近では、そろばんの先生に「普通じゃないみたいだから、検査してみたら?」と言われる始末。

      自分が親としてちゃんと育てられてるのか?
      親からすると、子どものことって、やはり心配で、不安で。

      でも、本当に普通ってなんでしょうね?

      きっと、子どもは子どもなりに育っていくんですよね。

      カカオ豆さんも、息子さんに頼りながら、ゆっくりチャレンジして下さいね(^_^)
      夫婦で応援してますよ!!

  6. ゆか より:

    とっとさん☆おつかれさまでした!
    うーん 優しいお子さんの言葉に
    泣いてしまいました…♡(*´ー`*)
    ご家族で行くことができて本当に
    良かったですね☆
    写真でも十分迫力が伝わってきました!

    我が家も少しずつ毎日を積み重ねて
    進んでいます
    かっかさんにすごく励まされました
    わたしもきっと自分のペースで元気になれると信じます☆彡
    そして、元気じゃない日のわたしも許そう…(^^)

    • とっと より:

      ゆかさん
      コメントありがとうございます!

      プランの変更は色々ありましたが、おかげさまで楽しい「旅」を楽しむことが出来ました(^-^)

      「元気じゃない日のわたしも許そう…」
      これって、とても大事なことだと思います。

      「どうやったら、いつも前向きになれますか?」と質問を頂くことがありますが、「いっつも前向き」なんて出来ません。

      我が家も、旅から帰ってから疲れもあり、今はかなりグダグダです(笑)

      元気がないとき、気持ちが前向きじゃないとき、それもみんな自分。無理をせず、ゆっくり受け入れるようにしていますよ(^-^)

      そう、自分のペースでゆっくりと。
      ゆかさんも、きっと元気になれると信じています。
      夫婦で、応援してますよ!!

  7. おんぷ より:

    初めまして(*^_^*)
    登山おめでとうございます☆すごいです!!
    私はパニック歴3年目、小学生の娘二人がいる主婦です。調子が良くなったり悪くなったりを繰り返しています。調子の良い時には「治った?!」と思えるほどいろいろなことに前向きになれるんですが、しばらくするとまた悪い時がやってきて(泣)でも焦りは禁物ですよね。
    主人は仕事が忙しく帰りが深夜になる為今までは遠慮して言えなかったのですが、今は体調が悪い時は伝え助けてもらっています。本当のことを伝えると、案外すんなりと受け入れてもらえるものですね(笑)どんどん甘えようと思います(笑)
    パニックになって、我が家も家族で過ごす時間が増えたように思います。ちょっとしたハイキングやアスレチック等週末は外に出るようになりました。釣りにもハマってます(笑)

    今まで出来ていたことが出来ない、迷惑をかけている…そう思い泣いていた日々にとっとさんのブログに出会いました。とっとさんやお子さん達の優しさやかっかさんのパニックに対する姿勢、紹介してくださっている本…ブログを読んでいると前向きな気分になれます。でも「頑張れ頑張れ!」ではなく「辛いときは休んでもいいんだよ」と言ってくれているようで本当に安心できるんです。
    今までは読ませて頂くだけだったのですがお礼が言いたく、初コメしました。いつもありがとうございます!

    明日はママ友とランチです。苦手です(泣)今からすでにザワザワな感じ…。
    が…がんばろー(泣)
    長文失礼しました(>_<)

    • とっと より:

      おんぷさん
      はじめまして。
      コメントありがとうございます!

      我が家の体験が、少しでもお役に立てて嬉しいです。
      そして、こちらこそコメントを頂くことで、とても元気をもらえます!
      ありがとうございます。

      自分の気持ちを伝えたり、甘えたりって、なかなか難しいですよね。
      嫁さんも、「今まで出来ていたことが出来ない、迷惑をかけている…」という気持ちが強くて、自分責めをしていました。
      そして、僕は「努力」「根性」「頑張る」が好きでしたから、衝突もよくありました…(^_^;)

      でも、パニックや病気を通して学んだことが、家族の絆につながっている気がします。
      おんぷさんも、ご主人や娘さんたち、そして周りに頼りながら、、、ですね!

      ママ友達とも、上手に付き合おうとせず、嫌われてもいいから素の自分をさらけ出すことでしょうね。
      明日のチャレンジ、ザワザワしても良いと思います。
      ぜひ、頑張ってください(笑)

  8. とまと より:

    とっとさん!
    お疲れさまです!
    頂上まで行かない判断力、決断力、勇気がいったと思いますが、カッコいいです。
    男前だぁ 笑
    かっかさんのパニック障害で、家族の絆が強くなったとしたら、、、
    パニック障害も悪くないですね(^。^)
    私も、パニック障害になって、学び、出会い、気づき、たくさんありました。
    にっくきパニック障害が、最近少し愛おしいです。

    • とっと より:

      とまとさん
      コメントありがとうございます!

      頂上まで行かない決断、カッコいいですと言われると照れますが、家族の中で一番未練があるのは僕でしょうね(^_^;)
      ただ、「結果だけがすべて」と思い込んでた自分からすると、今回の旅は、それ自体を楽しむことが出来たので、成長したのかなぁとは感じます。

      結果を気にせず、日々、チャレンジ(行動)することの方が大切ですね。

      >私も、パニック障害になって、学び、出会い、気づき、たくさんありました。

      本当にそうですね!
      自分の抱えている病気や障害、いやな性格も、少しでも受け入れることが出来ると、心が強くなれる気がします(^。^)