嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「許せない人」を許すには…。(嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…。その3)

   

 

こんにちは。とっとです。

前回の続きです。

読まれてない方は、こちらをどうぞ↓

嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…。

のたうちまわったのは…。(嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…その2)

 

前回までの簡単なあらすじです。

きっかけは、ある日、嫁さんが心屋仁之助さんの本を、いきなりアマゾンで5冊ポチッったことでした!!

で、なぜかその本を僕が読み、オススメの1冊を嫁さんに教える、という変なミッションがはじまりましたが、本を読んでいるうちに自分にあてはまることが多すぎて、オススメを選ぶどころか、僕が「のたうちまわる」ことになってしまいました(;′゚∀゚`)

 

なぜ「許せない人」を許したほうがいいのか…。

 

僕は、高校時代の体罰先生が、許せてないことに気がつきました。

高校を卒業してから、もうかなりの年月が経っているので、すっかりその先生の存在は忘れていましたが…

いや、忘れようと心の奥底にしまいこんでいただけで、実は、ずっとその事にとらわれていたのです。

 

その証拠に、特に今の職場の人間関係では、その時の体験がモロに自分の行動や思考の土台になっていました。

 

でも、そこに気がついたからって、そう簡単にその先生を許すことは出来ませんし、まして、「許してどうするの?」「許して意味があるの?」って思っていました。

 

許せない人を許すと、
「その人が無罪放免になって、幸せになるんじゃないか?」とか、
「その人のせいで、自分だけがその後も辛い思いをしてくやしい!!」とか、
「いつか思い知らせて後悔させてやるっ!!」って、

そこまでないにしても、いや、うーん、正直、そこまでありましたかね…(n´Д`)

 

でも、いろいろ調べていると、その人の為に、許すとか許さないとかそういうことよりも、
許せない人がいるってこと自体が、自分の心と体にとって悪影響になることを知ったんです!!

 

それはなぜかというと、許せない人がいると、副交感神経系がぎゅっと締め付けられて、体にも悪影響らしいのです。

ですから、「許せない人」を許すというのは、相手のためではなく、自分の心と体の健康のために許すほうが良いということなんですね。

 

憎い相手のせいで、その当時だけでなく、今現在も、自分の心と体に悪影響が出てるとなると、自分の為に1日でも早くその人の事を許した方がいいんです。

 

「許せない人」を許すには・・・。

 

これは、本当に難しいです。

 

僕の場合は、ある精神科医から、
「暴力を振るう人間は、必ず本人も過去に辛い体験をしている。」
というのを聞いてから、体罰先生に対する考え方が変わりました。

 

「あー。実は先生も過去にひどい仕打ちを親からうけていたんだなぁ」って。

「それで怒りに身を任せて、生徒を怒っていたんだなぁ」って。

「実は、先生も周りに認められる為に必死だったんだなぁ」って。

 

いまの会社の社長もそうです。

暴力こそ振るいませんが、いっつも怒鳴っていました。

「社長も、周りの人たちに認められる為に、必死だったんだなぁ」って。

 

そう思えると、急にふっと気持ちが楽になって、「先生の事、許してみようかな~」って気持ちになり、しばらくすると、もう許していました(笑)

 

すると、不思議なことに、会社の社長も怒鳴ったりイライラしなくなりました。
こんなに急に変化があるなんて、ビックリです!!

 

みなさんも、ひょっとしたら「許せない人」がいるかもしれません。
それは、毎日、憎んでいる相手かもしれませんし、
もう過去の人で普段は忘れてる人かもしれません。

 

しかし、許せない人が自分の中にいることで、自分の心と体に悪影響なら、さっさと許してしまったほうがいいと思います。

 

不思議ですが、気持ちがス~っと楽になりますよ!!
(n´Д`)フハー♪

 

『とっと君、フハーじゃないよ!!!』
わたしの心屋さんは?
『う、忘れてた・・・(°Д°;』

 

続く・・・。

嫁さん、のたうちまわる!!(嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…。その4)


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 心屋教