嫁がパニック障害になりまして

嫁さんが突然のパニック障害。それから6年が経過し、ようやく回復の兆しが出てきました。これまでの様子を楽しくお伝えします。

*

「どうせ愛されてるし」って効果ある???(嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…。その5)

   

 

こんにちは。とっとです。

前回までの流れはこちら↓

嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…。

のたうちまわったのは…。

「許せない人」を許すには…。

嫁さん、のたうちまわる!!

 

その後、嫁さんは、父親との関係に気がつき、
「大嫌いな父親に、認めてもらうために一生懸命頑張ってきた自分がいる」
ということに気がつきました。

それからは、どのように父親の事を受け入れたらいいのか分からずに、
のたうちまわったり、もんどりうったりしながら過ごしました。

 

「どうせ愛されてるし。」っていうけれど…。

 

嫁さんは、さんざん僕に「言ってみ~」攻撃をしていたわりに、
いざ自分の事となると、

「それ言って意味あんの??」とか、

「いや、どうせ愛されてないでしょ。」とか、

スネ気味で過ごす日々が続きました…。

どうせ、愛されてないし~。
↑かなり、グダグダの図・・・(n´Д`)

 

でも、心屋さんのブログに書いてますが、
「どうせ愛されてるし」というのは、『前提』のことなんですね。

■「どうせ愛されてるし」を勘違いして使ってた「どうせ愛されてる劇場」
↑またまた、勝手にリンクさせてもらってます(;^_^A

 

なので、嫁さんの場合、「どうせお父さんに愛されてるし。」って言ってみたからといって、急に父親との関係がよくなるわけではなく…。

 

もちろん、僕の場合も、「どうせ社長に認められてるし。」って言ったみたからといって、急に社長が認めてくれるわけでもなく…。

 

これは、この言葉を言えば、相手から愛されるようになるとか、相手から認められるようになるとか、そんなことではないんですね。

あるとすれば、

相手が変わるのではなく、自分の気持ちが変わる。

自分のネガティブな気持ちが変わってくる。

ということだと思います。

 

とにかく、「どうせ愛されてるし」って言い続けた結果…。

 

いろいろ考えたり、悩んでも前に進まないので、とりあえずだまされた思い(?)で、僕も嫁さんも言ってみることにしました…(笑)

 

そして夫婦で3ヶ月くらい、「どうせ認められてるし。」「どうせ愛されてるし。」って、ことあるごとに口にするようにしました。

 

それこそ、毎日の日課のように、朝・昼・晩とブツブツと。

食後のコーヒーのように、ブツブツと。

顔を合わせると、ブツブツと。

かなりあやしい…(;′゚∀゚`)

 

で、その結果どうなったかというと・・・。

 

 

嫁さんは、だんだん

「もしかしたら、私、愛されてたのかも?」

    

「実は、私、愛されていたんだ!!!」

と思えるようになってきました!!
(やはり、影響されやすい・・・(n´Д`))

 

で、さらに言い続けた結果、
ついに驚くべき変化が現れました!!!!

 
 
それは、嫁さんがなんと、
ずっと絶縁状態だった父親に、会いに行くことを決心しました!!!!

やってやるー!!
↑な、なにしに行く気だ・・・(°Д°;

 

続く…。

嫁さん、父親に会いにいく!!(嫁さんが「心屋教」に入信してみた結果…。最終回)


ブログランキングに参加しています。
↓クリックして頂けると嬉しいです!
 
 
 
 

 - 心屋教